FC2ブログ

敗戦記念日

■玉音を 理解せし者 前に出よ (白泉)

『作者の怒りは真っすぐに直属の上官達に向けられている。全ての下士官がそうではなかったにせよ、彼らの目に余る横暴ぶりはつとに伝えられているところだ。何かにつけて、横列に整列させては「前に出よ」である。
 軍隊ばかりではなく、子供の学校でもこれを班長とやらがやっていた。前に出た者は殴られる。誰も出ないと、全員同罪でみなが殴られる。特攻志願も「前に出よ」だったと聞く。殴られはしないが、死なねばならぬ。いずれにしても、天皇陛下の名においての「前へ出よ」なのであった。
 作者はそんな上官に向けて、天皇の威光を散々ふりかざしてきたお前らよ、ならば玉音放送も理解できたはずだろう。だったら今度は即刻お前らこそ「前に出よ」「出て説明してみやがれ」と啖呵を切っているのだ。
 句は、怒りにぶるぶると震えている。(清水哲男)』
   
 私の父は当時船舶設計技師だったので戦地には赴かず、軍艦の設計ばかりしていた。恐らくそのことを同胞、特に戦死していった友人達に負い目を感じて、あまり戦争のことを話したがらなかったのだろうと今では思う。
 父が書いた簡単な自分史というものが手元にある。それによると「私は終戦という言葉が嫌いだ、敗戦と言って貰いたい。終戦とは為政者が自分達の失敗を糊塗する為に使った曖昧な言葉である」とあるが、これは8月15日が来ると毎年テレビに向かって怒って吐いていた言葉でもある。
 「玉音を聞いて茫然自失し、しばらくは魂の抜け殻の様になり、仕事も何も出来なかった。もっとも、成すべき仕事もほとんどなかったのである」と心境を書いている。しかし生きるために成すべきことは山積みだった。翌日には疎開している妻を栃木まで迎えに行っている。
 「切符が途中駅までしか手に入らなかったので、そこから約3里の道を歩いて向かった。やがて道は広い田んぼに出てその向こうに低い山並みが連なり、真っ赤な太陽がまさに沈もうとしていた。これが実に一幅の絵のように美しかった。私は強い感慨に打たれた。国破れて山河ありと。」
 その年の夏長男が生まれ、すぐに次男が続き、昭和25年三男の私が生まれて、貧困の中、父母の新たな戦いが始まったのだが、不思議なコトに私の幼少時の記憶は全て幸福感に包まれているものばかりだ。戦争が終わった幸福感が父母を満たしていたのだろう。
 戦争がなければ生まれて来るはずだった同時代の子供達の事を思うとき、私達は彼らの分まで生きてきただろうかと少し自省する。正解のない様々な感慨にふける今日である。
スポンサーサイト



中山道を京都まで歩くシリーズのmaking第一弾 下諏訪~塩尻

【中山道ウオーク Making】
今日は下諏訪宿から塩尻宿まで中山道を歩きに出発しましたが、熱中症寸前でした(>_<)
現在進行中の「甲州街道ウオーク」が後2回で無事終了予定です。甲州街道のゴールは「下諏訪宿」ですので、その後、引き続き中山道を歩いて、京都まで行ってみよう、という無謀な魂胆です。かなり壮大な計画なので、本当に可能かどうか、今日は下見の下見の下見のつもりで出かけてみました。
まずは諏訪大社秋宮に無事初志貫徹ができますようにとお参り。拝殿の奥の神聖なエリアに本殿(宝殿)が二つ鎮座ましますが、今は向かって左の宝殿に御祭神は遷座されております。令和4年の御柱祭で入れ替わります。ので、左の宝殿に向かって中山道シリーズが無事に開催されますよう祈念してまいりました。
IMG_6447.jpg
せっかく諏訪に来たので、市内をウロウロしていたら、『1000年以上昔の諏訪に「かね」さんという心優しい娘がいましたが、(省略)、京にあがって「和泉式部」となった』という伝説を発見。写真は京にあがった「かね」さんが、必死に勉強しているところです。
IMG_6441.jpg
諏訪地方で唯一の古墳というのにも遭遇。石室がむき出しでした。かなり大きなものでしたが、なんとなく登り窯っぽい雰囲気。登り窯って石室がヒントになったのか?なんてことを思う。
IMG_6448.jpg

その他、あちこち調子にのって見学、拝観してしまい、予定の時間をとっくにすぎて塩尻峠の下まで到着。いや~暑い。で、塩尻峠の坂のきついこときついこと。
IMG_6442.jpg
これ、歩こう会のみんな歩けるかなあ・・。と早くも中山道踏破計画に暗雲が立ちこめました・・・。
今日の暑さが原因かも。予定より長く歩いたのが原因か。ともかくよく汗がでる。水分補強がかかせません。なにより峠道がきつい。まぁ本番は11月だからなんとかなるか、等等、あれこれ考えながらの道中は、予定より大幅に遅れ、雷がゴロゴロ鳴り出したのもあって、塩尻までは行けませんでした。塩尻宿の直前で「中央線青柳駅」まで1kmという看板があったので、今日はそこまで。う~むむ、これは皆の意見を聞かなくちゃなあ・・・。バスを使うかなあ・・・。あの峠・・・。
という訳でMaking第一弾。この後どうなるか、ご期待下さい (^^;)



白内障手術準備その1

昨年、今年の5月と6月の2回に分けて白内障手術をする予約をした。白内障手術は大人気(?)で日本中どこでも6ヶ月待ちは当たり前らしい。で、今日はその為の第1回簡単検査と次の検査日の決定の為に午前中から病院へ。
視力表の一番上のCのような記号、これは専門的にはランドルト環というそうです。○の上下左右のどこかが切れているので、それをあてるのですね。私はすっかり英語のCという文字かと思っていました。
きょうは、私はその一番上の大きなランドルト環の切れている方向が分かりませんでした。かなりあせりました。「大体でいいいですから言ってみてください」と看護師さんがいうので「左下」と言ったら、「斜めはありません」と言われてしまった(^^;) 後でよく見たら一番上の列だけ斜めはないのですね。へ~。

ま、その後いろいろあるのですが、終わって病院の外に出て、景色を見たら、普段と変わらない。スマホで撮った映像ですが、この程度には目で見えている
遠くの景色-1
といっても、目が悪いのに慣れてしまっているので、他の人にはもっとクリアに見えているのだろう

目の良かった子供の頃、あの視力表の一番上の文字が分からないなんて、いったいどうなっちゃうんだろう。かなりのお祖父ちゃんか、かなりの重病人だ、と信じていた。生活なんて絶対無理だ、だって例えばあの距離にあるあの文字と同じ大きさのもの、例えばリンゴや夏みかんは見えないんでしょ。ひゃ~、そうなりたくないなあ。
と本気だった。なので、今日、視力表の一番上のあの大きな文字が分からなかった時は少々、というかホンキで焦ったのです。

しかし、今日、病院の外に出て、まるでそんな事はないと分かったのです、おめでとうございます。ランドルト環はその切れた方向が見えるか見えないか、を調べるものなので、あの距離にあるものがリンゴか夏みかんか、くらいは100%分かるのでした。
ただ、そのリンゴや夏みかんに少し目立つ虫食いの穴が開いていたとしたら、それがどっちを向いているかは、見えないかもしれませんね。
要するにその程度で、人生にはほとんど影響はありません。きれいな景色はいつまでもキレイです。
白内障なんてそんなモノ。若者よ、安心したまえ。

ただ私が分からないのは、視力が悪くてランドルト環が見えない場合は、眼鏡で矯正できる。
白内障で見えない場合は、眼鏡では矯正出来ない、というのがどうしても分からない
白内障に眼鏡は作れない、というのを昨年知ったのです。手術しかないのだというのです。

もっとも、手術をする必要が全員にあるかと言えば、そうでもない。このまま徐々に悪化していっても、多分そのスピードと私の寿命はいい勝負なので、ほおっておいてもかまわない。

上の写真がほぼ肉眼でもその通りに見えているのでいいじゃないかと自分でも思うのですが、まぁ、まだ体力のある内に手術は済ませておこうか、という軽い気持ちなのですね。だって、万一90歳を過ぎて元気で生きていて、白内障だけグッと進んでしまっていたら、もう手術できる体力はないのじゃないだろうか?

次に行くときは(4月と決定)、心電図、血圧、レントゲン、などなどの健康診断的チェックをするのだとおっしゃる。ネ、こりゃ、健康じゃなきゃ手術できないということですよ。思わず書いた「健康じゃなきゃ、手術もできない」というのは冗談のようで、本当のことですね。どんな手術も一定の健康状態がないと無理なのだろうと思うと、なんとなく身が引き締まります。といっても何も対策は練りませんが。

読んだ本のことなど。

このFC2ブログは無料なので、日記をサボっているとヘンな広告がTOPページに出てきてしまいます。ので、たまには書き込まないといけません。どうも一度サボるとクセが付いてしまいますね。というわけで、「読んだ本のことなど」を書いてお茶を濁そうかと思います。

今日読んだ本の中に、「母」は近くにおり「お袋」は遠くにいる、という一節がありました。

なるほどなあ、特に男性の場合はそうですね。「お母さん」というのは直接呼びかける言葉ですが、「お袋」というのは、家を離れている時に母のことを他人と話題にする場面などに使います。

「父さん」と「親父」の言語関係もそうなんだろうなあ。親父も男言葉ですね・・・。

なんてことをあれこれ考え始めると古代日本語の誕生と古代韓国語の関係とか、いろいろ調べたくなりますが、今日はここまで。
広告を消せばいいので(^^;)

しかし、
「母」も「父」も、とっくに「遠くにいる」言葉となってしまったなあ・



「10年一昔」か「10年一未来」か?

明日は(お、もう今日だ)、10年続いた「八ヶ岳UFOコンベンション」の最終回だ。10年前はどんな様子だったかなと、この日記の10年前を調べていたら、第一回八ヶ岳UFOコンベンションを開催した2009年の11月に、それまで10年続いていた「小海線貸し切り」のお遊び「やつねっとクリスマスとれいん」の最終回の告知をしていたのを発見。それも「ファイナル」という文言を使用していた(^^;)芸が無いなあ、10年前も10年たっても。
ま、それはともかく、同じ11月に「蓮田市歩こう会」との交流ウオークも9年目を迎えていた。いろいろ活動していたんだなあ。
今年は「八ヶ岳歩こう会」の20周年であり、来年になると「婚活de八ヶ岳推進委員会」が10年目となる。いろんなコトも10年やると、マンネリになってしまうのか、いろいろ問題点も見えてくるのか、なんとなく「一区切りだなあ」と力が抜けるのか。
そういえば2002年から始まった「ブルーベリーとオオムラサキの里ウオーク大会」も丁度10年でやめた。もっとも、その年から「信玄の棒道大会」を開始したが(これは5年でやめた)。
いろんなことを主催してはやめてきたが、私の継続力は10年が限界、といったところなのだろう。飽きっぽい私がペンションを25年も継続したのは快挙だったと思う。まぁこれはかみさんのおかげだが。歩こう会も多くの会員の力で現在も継続している。25年を超えるのかどうか楽しみだ。
UFOコンベンションをやめて、次なる何かをやるかどうか、はまだ未定。何かを始めると、最初の趣旨はどこへやら、次第に「継続していくこと」が義務化していって、つまらなくなる。
もっとも、来年から何か初めて10年続けてもまだ79歳だから、余力を持って終えられるか。最後の10年、何をやるかなあ、ちょっと我ながら楽しいかも。

国際放射線防護委員会(ICRP)とはなんぞや。

国際放射線防護委員会(ICRP)は、専門家の立場から放射線防護に関する勧告を行う民間の国際学術組織である。ICRPはイギリスの非営利団体(NPO)として公認の慈善団体であり、科学事務局の所在地はカナダのオタワに設けられている、とWikiに書かれている。ここが出す基準が、やれ厳しすぎるだの緩すぎるだの、そもそもウソッパチだ、という評までも記載され、評価の定まらない団体のようではある。
そもそもICRPの助成金の拠出機関は、「イギリス、アメリカ、欧州共同体、スウェーデン、日本、アルゼンチン、カナダなどの各国内にある機関からなされている」というが、どのような「機関」であるか不明であるし、「国際原子力機関や経済協力開発機構原子力機関などの原子力機関」なども加盟しているというのだから、すぐには信用がおけない。日本の原子力規制委員会のような立場だと考えるのが妥当だろう。
1924年 第一回「国際放射線医学会議 ICR」開催がきっかけだというから、それなりの歴史や権威はあるようだ。
Wikiはなかなか面白いエピソードを紹介している。
「核実験や原子力利用を遂行するにあたり、一般人に対する基準が設けられ、1954年には暫定線量限度、1958年には線量限度が勧告で出され、許容線量でないことは強調されたが、一般人に対する基準が新たに設定されたことに対して、アルベルト・シュヴァイツァーは、誰が彼らに許容することを許したのか、と憤ったという」
さらに面白い表現を使って不思議な説明をしている(^^;)
「1954年には、被曝低減の原則を「可能な最低限のレベルに」としていたが1956年には「実行できるだけ低く」、1965年には「容易に達成できるだけ低く」と後退した表現となり、「経済的および社会的考慮も計算に入れて」という字句も加えられ、1973年には「合理的に達成できるだけ低く」と表現の後退は続いて、現在に至っているようだ。
このICRPが出す勧告に従って日本は年間累積被曝量を20mSvとし、20mSvを超えた地域においては防護措置をとるという方針をとっている。
これを私達はどのように受け止めていいのだろうか。
本日(2018年10月26日)国連から日本に対して「子供や女性は帰還しないで&基準を1mSv/yに戻すべきだ」という勧告が出された。国連人権理事会・トゥンジャク特別報告の要旨は以下のようだ。↓
「我々は今後、福島で生まれ育つかもしれない子どもたちの健康について特に心配している」
「年間20ミリシーベルト以下という被ばく線量は、事故の前に安全とされていた年間1ミリシーベルト以下にすべきだ」
そのうえで、子どもや出産年齢の女性について、年間1ミリシーベルトを超える地域への帰還をやめるよう日本政府に要請。
これに対して日本政府はすぐさま「被災地の風評被害が助長される」として反発をしているが、私は助成金の拠出機関があいまいで利権がらみも見え隠れする「国際放射線防護委員会」の決めた数値を盾にする内閣の主張よりも「国連人権理事会」の勧告の方に真があるような気がしている。皆さんは如何だろうか。