天窓にカラス(?)の糞

12月になったので、庭の鳥の餌台にあれこれ乗せてみた。まだあまり来ないが、時折ヒヨドリが顔を出す。昔は「ヒヨドリは小鳥の敵だ」と思っていたが、観察しているとそんなことはないと分かった。それからはヒヨドリも可愛く思えるようになった。しかもウィキで下記のような記述を見つけた
「仔飼いにすると非常によく慣れ、飼い主を見分けることから平安時代は貴族の間で盛んに飼われた。古今著聞集などにその記述があり、現在の競走馬のように個体名が付けられたりして愛玩されたようである。
前述のように、日本国内では都市部を含めごく普通に観察されるが、分布がほぼ日本国内に限られているため、日本を訪れる海外のバードウォッチャーにとってはぜひ観察したい野鳥のひとつとなっている」
なんだかすごい鳥ではありませんか。個体識別ができるようになると面白いかも。
それはそれとして、今朝、天窓に大きな鳥の糞が3か所ベチャっと落とされているのを発見(>_<) 餌をもらったヒヨドリのお礼のつもりか、いつも追い払うカラスの嫌がらせか。窓は手前に開くようになっているので、拭けるとは思うが、ちょっと技術が必要そうだなあ。暖かい日にやるか。
去年まではほんとうに「庭に来る鳥」たちのあれこれなんぞに全く関心がなかったが、人間て老人になると老人っぽくなるものだね。
スポンサーサイト

廃仏毀釈の誤解

先日比叡山延暦寺に行ってきた。その折、麓に日吉大社というのがあって、ついでにお参りしてきたが、これは「ついでに」なんて言ってはモッタイナイので、なんと全国の日吉神社、山王神社、日枝神社の総本宮だったのでした<(_ _)> 2100年前の創祀だそうです。
ここで権禰宜さんから目からウロコ、耳からオヒレ?の話を伺った。ぜひ皆さんにも聞いて頂きたく。
皆様、廃仏毀釈運動というのをご存知ですね。明治になって各地でさかんにお地蔵様の首がはねられたりして、仏教と仏教を象徴する建造物などが排斥された運動です。いくら名実ともに天皇が一番エライことになったと言っても、明治政府はバカなことしたもんだなあと、思っていませんか?私は思っていました。
ところが、事実はやっぱり聞いて見ないと分からない。皆さん、明治政府は決してそんな指示命令を出していないのでした。明治以前の日本は「神仏習合」といって、神も仏も平等でした。神社の境内に五重塔があったりして、さすが八百万の神日本、という状況が全く普通でした。で、明治になり天皇が一番エラクなった時に、政府が出したのは「神仏分離令」でした。ここが肝心です、あくまで「神仏を分離して祀りなさい」という政令で、「仏教を排除すべし」という意味合いは全くありませんでした。ところが、ここ日吉大社は、比叡山延暦寺の親戚のような神社です、昔信長と戦った僧兵がいましたね。そういう「荒っぽい風潮」というものが残っていたのか、境内の五重塔やら仏像やらを破損・廃棄という荒業にでたのです。神社の総本山のようなところがそんなコトをやったものだから、全国の神社系寺院では、一斉に五重塔を焼き払い、仏像を破壊し始めました。この時の破壊のものすごさは、後の学者たちに「もしあの時そんな運動がなかったら、日本の国宝や重要文化財は現在の3倍は残っていただろう」と言わしめたほどです。末端では小僧や庶民までもが地蔵様の首をはねたりする始末でした。政府から調べにくるのではねない訳にはいかなかった事情もありました。
そんな「運動」がここ日吉大社から始まってしまって、今でも本当に申し訳なく思っているのです、と150年前の出来事を我が身の恥じのようにおっしゃる権禰宜さんの言葉は誠実で、「ですので、皆様も是非今日私から聞いた話を、機会あるごとに周囲の方々にお伝えくだされば、大変嬉しいです。是非この件で明治政府が憎まれるという誤解を解いてください」と熱心におっしゃるので、ここに書きました。いや~、ほんとうに思い込みってのはあるもんですねえ。まるっきり誤解してましたから。

人生の通過儀礼について一考

【多賀屋の八ヶ岳与生】 

   ~「余生」ではなく「与生」を加齢にあ、華麗に(^^;楽しむ四方山話~

 ■今回は「人生の通過儀礼」について一考
     ~いったい何がどこを通過するのか~
   婚活事業に取り組んではや7年が過ぎました。日々「結婚したい独身者」
   達と共に悩み共に喜んでおります。人生には、誕生、入学、成人、入社
   結婚、出産、厄年、還暦、葬式等々沢山の「行事」が待ち受けています。
   1年の間にも、正月、節分、お盆、彼岸、七五三、大晦日等々の「行事」
   があり、様々な「思い」とともに私達はそれらの上を通過していきます。
   まさに喜びも悲しみも幾年月という訳ですが、日本人はそれらの「儀礼」
   を通過していくたびに、昨日とは違う今日を迎えた気分になることが出来
   る稀有な民族であるということが出来ると思います。
   
   例えば「大晦日」から「元旦」にかけての心の移り変わりを思い出して
   下さい。いつもの一晩が明けただけなのに、気分があらたまって新年を
   清々しく迎えることが出来るという不思議な技を、日本人は持っています。
   「成人式」も、単にいつもの1年が通過していくだけなのに、19歳から
   20歳になったというだけで、心構えも何か違ってきます。
   「結婚」は、その「式」を境にもう少し具体的・物理的に「昨日と今日と
   が違う日」となります。
   日本には「通過儀礼」という言葉がありますが、一体何がどこを通過して
   いくのでしょう。何故「通過」すると「気分もあらた」になるのでしょう。
   
   結論から書きますと、「人」が「結界」を通過するのです。「結界」を通過
   するので、気分もあらたになるのです。
   「結界」とはあの世とこの世の境です。夜と朝の境であり、昨日と今日の
   境であり、死と生の境であり、浄と不浄の境でもあります。すべての「儀
   式」や「儀礼」は「結界」という「時空」の中で行われるのです。

   「あの世」と「この世」の境にある「結界」という「時空」で行われる
   「儀式」を超えて、私たちは過去とは違う世界に行くのです。清々しさや
   あらたな決意がみなぎる源は、そこにあるのです。
   「結婚式」という通過儀礼を見てみましょう。花嫁は「死に装束」である
   「白」を着て現れ、それまでの世界から姿を消したことにされた後、お色
    直しで現世に再び生き返ります。昔、葬儀での死者は縁側から出す、と
    いうことが行われていましたが、花嫁も実家の縁側から出るのが仕来り
    だったそうです。「縁側」というのも日本家屋のなかでは「内と外」を
    分ける「結界」でした。
    現生に再び現れた時に花嫁はその地域社会に、その婚家に、迎え入れら
    れるのです。

    現代では様々な事情から「結婚式」のハードルが低くなっています。
    結婚はするけれど式は挙げない、という方々も増えてきました。
    あらゆる場面で「通過儀礼」なしで人生を歩む方々が増えていきます。
    葬式も散骨ですませ、墓参りも数年に一度ですませ、成人式や七五三も
    単にインスタ映えする写真を撮る「時空」へと変化していきました。
    社会の変化、価値の多様化、が叫ばれる時代ですから事の是非は問い
    ません。私自身も葬式は散骨を考えています・・・。

    さて    
    実は今年の暮れに娘が結婚式を挙げることになりました。私達親は何も
    言いませんでしたが、「式を挙げる」と娘から言ってきてくれたので、
    長年婚活事業に取り組んでいる私としても嬉しく思い、その日を今から
    清々しい思いで待ち望んでいる心境だと、告白をしなければなりません。
    インスタ映えなどしなくとも良いので、やはり人生を歩むうえで一つ一
    つの儀礼はきちんと通過して欲しいと願うのは親の欲目です。
    親の欲目ついでに、仰々しく「人生の通過儀礼」あれこれについて、考
    えてみたのが今回の原稿でした(^-^; 頭の中の独り言を文にしてみた、
    らこんな長文になってしまったのです、お許しを"(-""-)" 
    私自身にあと幾つの通過儀礼が残されているのか分かりませんが、そんな
    ことを考える歳になったのだなあと想ふ秋の夜でした。  
    ※結界や通過儀礼の考え方については小淵沢高福寺の水原和康道師の
    「民族塾」から引用させて頂きました。

八ヶ岳UFOコンベンション もう第九回になるんですね~

9月1日に今年度分の申込み解禁です
http://8ufo.net/index.html

上のHPでも紹介してますが、過去を振り返ってみましょう。

第1回 2009年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション
日時:2009年11月3日
開催地:まきば公園レストラン
参加人数:150名程度
講師:中津川昴氏、Mr. Ken             2009年 簡単報告
第2回 2010年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション 第2回 2010年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション 
日時:2010年9月23日、24日
開催地:八ヶ岳チーズ工房
参加人数:120名程度
講師:木内 鶴彦氏、日諸 賢一氏、中津川昴氏、葦原瑞穂氏、木村修氏
          2010年 簡単報告1日目 2010年 簡単報告2日目
第3回 2011年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション 
日時:2011年10月8日
開催地:小淵沢アートヴィレッジ
参加人数:80名程度
講師:中津川昴氏、葦原瑞穂氏、木村修氏       2011年 簡単報告
2012年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション 第4回 2012年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション 
日時:2012年12月15日(土)
開催地:萌木の村「ホール・オブ・ホールズ」「レストランROCK」
参加人数:100名程度
講師:矢追純一氏、中津川昴氏、葦原瑞穂氏、木村修氏  2012年 簡単報告
第5回 2013年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション 第5回 2013年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション 
日時:2013年12月7日(土)
開催地:三分一湧水館 そば処「三分一」
参加人数:80名程度
講師:中津川昴氏、葦原瑞穂氏、木村修氏
第6回 2014年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション    宇宙からのメッセージ - 私たちは応えられるか? 第6回 2014年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション 
  宇宙からのメッセージ - 私たちは応えられるか?
日時:2014年12月13日(土)
開催地:ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
参加人数:100名程度
講師:高橋真理子氏、郡聡氏、葦原瑞穂氏       2014年 簡単報告
2015年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション 第7回 2015年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション 
  ー ENCOUNTER 遭遇 ー
日時:2015年12月5日(土)・6日(日)
開催地:アルソア本社 3階 SPACE SHINRA(スペースシンラ)
参加人数:170名程度
講師:中津川昴氏、葦原瑞穂氏、秋山佳胤氏、FUMITO&LICA氏
第8回 2016年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション    ー VERIFICATION 検証 ー 第8回 2016年宇宙の旅 八ヶ岳UFOコンベンション 
  ー VERIFICATION 検証 ー
日時:2016年12月3日(土)
開催地:ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原 セミナーハウス
参加人数:100名程度
講師:中津川昴氏、はやし浩司氏、木内鶴彦氏

縄文時代の八ヶ岳

長く留守してるとどうしても広告が出て来るね。無料サイトだから仕方ないか。という訳で、今日はコピペですみません、といっても自分が他に書いた記事だから許してね。

今回は「八ヶ岳の縄文時代と神話考」
  ~記紀に描かれた「黄泉の国」は、八ヶ岳の地下のことだった!~

縄文時代の八ヶ岳山麓といえば近頃は「今から4~5千年前、日本列島で最も
栄えた地域である」と誰でも知っている(かな^^?)。「縄文のビーナス」と
命名され後に国宝とされる土偶が出土した「尖石(とがりいし)遺跡」を始め、
八ヶ岳縄文考古学の先駆者藤森栄一が「縄文農耕論」を唱えるきっかけとなった
「井戸尻遺跡」、諏訪社の成り立ちを考える上で貴重な「阿久遺跡」、標高1300m
と全国最高地の縄文遺跡として知られる「大深山(おおみやま)遺跡」、縄文晩期の
祭祀場とされる配石遺構が保存されている「金生遺跡」等、枚挙にいとまがありま
せん。さて、縄文ファンの皆様なら既にご存知のように、遺跡から出土した土偶や
土器にはいずれも謎めいた文様や形状が施されていて、それらがどうやら古事記や
日本書紀に書かれた神話時代の物語を表現しているらしいのですね。多くの学者達
が唱えています。
その説を傍証する出土物は、例えばちぎられて埋められた土偶が、スサノオに殺され
ばらばらにされたオオゲツヒメの物語にあてはまる等、幾つもあるのですが、今回こ
こでは「香炉型土器(釣手土器)」を取り上げたいと思います。
香炉型土器とはどんなものか、まずは写真1をご覧下さい。
香炉型土器1
八ヶ岳を中心とした長野県や山梨県で幾つも出土していますが、どうみても古代のランプです。
内壁のただれ具合や煤の付着等からもそのようにされて比定されています。大きく開いた窓は
周囲の文様等から女性の陰部であるとされています。陰部から炎が舞い上るという形状か
ら、沢山の神々を産んだイザナミが最後に火の神カグツチを産んだことを表現してい
ると推測されています。
火に陰部を焼かれてイザナミは死んで黄泉の国にいってしまうのですが、
写真2をご覧下さい。
香炉型土器2
この土器の表と裏です。表に比べてなんとおどろおどろしい形状でしょう。
髑髏のようにも思えます。この様な表現は他の香炉型土器にも見られます。
写真3はその一例です。
香炉型土器3
イザナミを追いかけて黄泉の国に行ったイザナギが見たのは、醜くく恐ろしいイザナ
ミの姿でした。この土器の裏面は黄泉の国のイザナミを表現しているのです(冥界分
離神話と言います)。これが井戸尻遺跡から出土したことに重大な意味があると私は
考えています。
小淵沢には八ヶ岳の地下こそ記紀に表現された「黄泉の国」であると唱える郷土史家
がおられますが、この土器が八ヶ岳から出土したことによっても証明(?)されたの
ではないかと、私は思うのです・・・。

古事記、日本書紀といえば8世紀に完成したものです。それら記紀の内容を縄文土器
に表現したということになると順序が逆なので、縄文時代には既に記紀に表現されて
いる神話が当時の人々に信じられていたという事になります。イザナミ、イザナギ、
カグツチ等の神々がどの様に誕生していったのか、文字もない(と考えられていま
す)時代に、どの様に伝えられていったのか。そしてもし記紀の神話時代の数々の
物語が、八ヶ岳山麓に居住していたた縄文時代の人々の信仰生活によって形作られ
ていったとすれば・・・。
と想像することで、私の八ヶ岳生活はますます楽しく豊かになっていくのです♪

中学生と里山と

先日中学生の団体を引率して里山を歩いてきた。中学一年生になりたての4月だからほとんど小学生と変わらない(^^)v 学校側の目的は「里山のエネルギーについて理解させる」ことらしいので、かなり難しいテーマをほやほやの中学生に与えるなあと思いつつ、里山とはどういう地域のことか、そこでの生活はどんな風か、棲息する生き物たち、森の循環、水の循環、八ヶ岳の風景のなりたち、フォッサマグナ、などなどなど、詰め込み過ぎるくらい詰め込んで歩いた。神奈川県のあたたかい地方から来た子供達なので、「ここ八ヶ岳南麓と君たちの所ではサクラの咲く季節も違う」「こちらではGWまで霜がおります」と、標高差で植物や作物のできる時期や植相が違うことを説明しようとした時「あの~霜ってなんですか?」という質問がでた! 霜や霜柱を見たことがない生徒が約半数いた!! みたことのある半数も、ほとんどは「部活のグランド上で見たことがある」で、家や身の回りで見たことのある生徒はあまりいなかった!!!
まあね、いろいろあらあな。生活の周囲に「土」がないのだろうなあ。
気を取り直して歩いていると、鳥たちの声が聞こえてきた。ヒバリもいた、ウグイスもいた、スズメもいた。今の子供たちは果たして鳥の鳴き声などに興味があるだろうか。私の声で「ピーチク ピーチク」「ホーホケキョ」「チュンチュン」と鳴いてみて、さぁ、なんの鳥でしょうか、と聞いてみた。チュンチュンは「あ、すずめだ」と反応があった。ホーホケキョは「あ、聞いたことがある、なんだっけなんだっけ」とひとしきり騒いで、誰かが「ウグイス」と答えた。ピーチクパーチクは誰も分からなかった。
今の子供たちは「スズメの学校」という歌を知らないことは私はずっと前から知っていたが、あえて問うてみた。「チーチーパッパチーパッパ」ってなあんだ? 皆笑い出して、案の定誰も知らない。ムチをふりふり教える先生の様子だから、そんな歌はもう学校では流行らないのだ。今歌うのはメダカの学校。「だあれが生徒か先生か」なんてやっているから校内暴力も起ころうというものだ(^^;
水車があった。皆当然水車など見たことがない。水車の廻る音ってしってるかい?という問には「グルグル グルグル」「ギー、ギー」などなど一生懸命想像して答えてくれるが、正解は「カタカタコットン、カタカタコットンだよ」と伝えるとまたまた大笑い。うっそ~なにそれの大合唱。そこでおもむろに水車の廻る仕組みと水車小屋で水車が仕事をする仕組みを図説(あらかじめ持参)してあげると、なんとなくわかったような腑に落ちないような顔をして黙る。実際に水車小屋の中に入ってみると、一応カタカタコットンの謎は解けたみたいだった。
水を入れる前の田が一面に広がっているところを歩いたが、ここがやがて湖のようになり、苗が植えられ、緑が黄金色になって、米が刈り取られ、また冬の間休んで、こういう景色になる、という循環する風景の想像が子供たちにはできない。

というような事の連続で引率が終わったが、童謡唱歌に歌われた日本の風景や行事がどんどん消えていくことに、あらためて危機感を抱いた。消えていくから学校で歌わない。歌わないから知らない。知らないから気にも留めない。という悪循環が起こっているような気がする。

そういえば先日「婚活プログラム」で30~40代の独身男女を連れて歩いたが、ノーベル生理・医学賞の大村博士の実家を訪ねた時の事。実家は今空き家だが、皆に使ってもらおうと自治体が管理して「蛍雪寮」という名前がついている。参加者に「蛍雪」の意味を聞いたところ、半数ほどの大人が知らなかった。卒業式で歌う「蛍の光窓の雪」が意味することも知らなかった((+_+)) お~い、先生たち~! 学校の先生たちは一体何を教えているんだ。

もう少し日本人としての常識、花鳥風月、四季の情景、自然と人生などについて、伝えていこうよ。銃剣道などやってる場合じゃありませんよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。