「鳥の不思議な生活」

先日図書館で借りて来た「鳥の不思議な生活」。今読んでいるのは「ムクドリ」編。ムクドリは何万羽と群れて複雑な編隊飛行を見せるので有名。ネット上の動画でもよくお目にかかる。この大群にはどうやらリーダーがいないらしい。時速50kmで飛ぶ個体が、何故ぶつかり合いもせず、群れて次々に美しい模様を空中に描き出せるのか。リーダーがいないとすれば、彼らを動かしているのは大いなる未知の力か? 
人間の軍隊が整列して地上を行進する場合、リーダーはいて、集団的移動はスムースだ。しかし行進が左右に曲る場合、列の内側の隊員はほとんど足踏みをしている一方、外側の隊員は大股で長い距離を急いで歩かなければならない。ムクドリ研究の学者達は、ムクドリにはこの動きが無いことを突き止めた。皆、同じ曲線を同じ速度で飛んでいる。従って、いつでも先頭としんがり、右側の鳥と左側の鳥、外側の鳥と内側の鳥が、入れ替わりながら大空を飛んでいる。だからこそ特定の個体が天敵に襲われることもなく、皆平等となって群れる意義も出てくる。もしある個体が群れの中でずっと前方あるいは常に端の方にいなければならないのなら、天敵に襲われる確率も増え、集団にとどまる動機がなくなるだろう、と述べている。
それにしても、この芸術的とさえいえる動きを、それぞれの個体はどのように受けて伝えて飛んでいるのだろうか、ということを、なんと物理学と統計学、つまりは数学的に解明しようと試み、ついには「量子力学」の理論で解明できるかもしれないというところまで突き止めたようなのである!。私には難しいのだが、英語力のある方はこちらを一読してほしい。
ちなみに、アメリカではムクドリは外来種なので保護されておらず、むしろ害鳥。アメリカで「アメリカで一番嫌われている鳥」と検索するとムクドリが出てくるのだそうだ。ゴキブリのようにはびこり、ウサギのように繁殖するので、羽の生えたネズミであるとさえ言われている。可哀そうに。
もう一つ面白いのは、「ムクドリは直近の七羽を見て飛ぶ方向を決定する」という理論。七という数字が大事で、どんなに大きな群れでもお互いが直近七羽を見て飛べば、群れは散り散りにならない、というのである!そして様々に研究が重ねられた結果、この七という数字は科学的有用性を超えて一般化され、さらには潜在意識への働きかけとしても有用であると認識されつつあるのだそうな。例えばパワーポイントによるプレゼンテーションでは、要点は一度に七つまでが望ましい、というような!?
面白い本です。
量子力学を使って磁性配向を説明する「ハイゼンベルク模型」という理論があるそうな((+_+)) 例えば鉄をある温度以下に冷やすと、自然に磁気を帯びる。臨界点以下で物質の中の電子がスピンの向きを揃えるのだ。自発磁化というらしい。この現象がムクドリの群れの内部の飛翔方向の調整で起きている、と物理学者は主張する。この方程式をつかえばムクドリの群れをうまく説明できるというのです。
う~む。地球上でもっとも自然発生的で美しい群れの表現の下にも、物理学が横たわっているのだろうか。その答えは、数学は発見されたと信じるか、発明されたと信じるかによる。それが普遍的な力で、この世界のあらゆる運動を支配しているのか、それとも理論は人間の脳が押し付けたものなのかに。歴史上、哲学者たちはあらゆる情熱を傾けてこの問題に煩悶してきたし、今も議論は続いている。
と、結んでいる。
4月の雪の日の暇つぶしに読んだ一遍でした。
ムクドリ




スポンサーサイト

TAGA-YA始動

開業25周年を記念して、ペンションを閉館することに決めました。(閉館予定日:2015年12月末)。閉館記念セールは行いませんので悪しからず<(_ _)> 閉館に先駆けてペンションのHPを縮小し、「TAGA-YA」の名前をメインに据えて、情報を発信していくことと致しました。
二人の娘を育て上げ、二人の親を見送りながら、ペンションの屋台骨を支えてくれたかみさんに感謝しての、閉館です。これからはかみさん中心の私達二人の時間です。与えられた人生に感謝し、楽しみながらの八ヶ岳ライフとなるでしょう。
私は、ペンションから引退を致しますが、「楽しさや幸せをお届けする人生」でありたいと願う心は、永久に不滅です。HPは「~~屋」という屋号を付けました。自分の好きな事柄や情報を提供し発信して、共感して下さる方々と遊び続けようという魂胆です。ウォーキング、スノーシューイング、サイクリング、カヤッキング、UFOの会、まち歩き、体験型婚活イベントの開催などなど、ペンション営業中から楽しんできた八ヶ岳ならではの「自然体験・田舎遊び」情報を発信していきます。
新HPを作ってくれたのはインナーライズを主宰する柏崎さん。私の思いをしっかりと形にしてくれました。「暖簾」と「カルタ」ってアイデアが気に入ってます。ロゴもいいですね。竜の舞う八ヶ岳で私が遊び回っているという感じです!(^^)!
HPは8月1日にリニュアルオープンです。
ところで、この「八ヶ岳三日坊主」というのは、前身も含めるとたぶんもう20年以上続いています。ミクシー、ブログ、ツイッター、FBなど次々に現れるネットの仕組みに翻弄されて、最近すっかりご無沙汰していました。最近はFBが使い勝手がよく、日記はメンドーという感覚になっていました。反省。HPが変わり、ライフスタイルも変わる今だからこそ、「初心忘るべからず」ですね。
メールアドレスも変えましたので、これからもお付き合いくださる皆様、下記のアドレスともどもよろしくお願いいたします。
taga-ya@pairhat.jp
2015年7月29日 22:46 記

サンメドウズスノーシューにて

1月6日の報告です。
サンメドウズのてっぺんはパワースポットです。
2013-1-6-12.jpg

眺望絶景
2013-1-6-2.jpg

ウサギの足跡の化石を発見
2013-1-6-4.jpg

壊れかけたハートをプレゼント
2013-1-6-5.jpg

しかしいい眺めだなあ
2013-1-6-3.jpg

おっと、この木は「人食い大木」か? た、たすけてくり~
2013-1-6-11.jpg

なんてやっているうちにゴハンの時間
2013-1-6-9.jpg

今日は半日のお客様なので、これでおしまい。
お土産を買って帰ります
2013-1-6-13.jpg

で、最後に今日の衝撃の一枚。
2013-1-6-7.jpg
前足が木の又に挟まって身動きがとれなくなり、そのまま息絶えた雄鹿です。
森の奥には私たちの知らない壮絶な世界がありました。
合掌。

UFOコンベンション2011 さっそく訂正(^_^.)

やっぱりあせって発表するとロクなことないなぁ(^_^.)
昨日ブログに書いた「第三回八ヶ岳UFOコンベンション2011」の
問い合わせ先のGメールが一部違ってました<(_ _)>
yatsucon8@gmail.com
が正解です。ヤツコン8と覚えてください。
「八ヶ岳でコンベンション」なのでヤツコンなのですが
「八ヶ岳DE婚活」もヤツコンなので((+_+))
UFOの方には「8」を入れてヤツコン8にしたのです
どっちにしてもややこしい(@_@;)??

で、フェイスブックにUPしたんですけどやっぱり反映されません(一度反映されたんですがすぐウオールだけになってしまいました・・。どうすればニュースフィードに戻せるのでしょうか?って、ここに書いても無理か^_^;)
まだ訂正してませんが再掲します
(表)
ufoomote2.gif

(裏)
ufoura2.gif

あなどるなかれ松本ぼんぼん 中野ションション

娘が松本の友人のところに遊びに行った。
友人のお母さんに500円の甚平を着せてもらい、頭をギャル風にやってもらったというが・・・(^_^.)
そ、それで外へいくのかぁ~~(T_T)
2011-8-6n.gif
これから「松本ぼんぼん」に行くんだという。一体ナニソレ??
北信の中野にも「中野ションション」という人を喰った祭りがあるんだという。「ションションばやし」を踊るというんだから聞き捨てならない。
さらに、茅野には「茅野どんぱん」というのがあるが、松本ぼんぼんと同じ日だから行けないんだ、というのだった。娘は長野に友人が多いので時々妙なことを言い、妙なことを知っている。
オトーサンとしてはさっそく茅野どんぱんをググってみた
なるほどなるほど、もう36回目をむかえるなかなか大がかりなおまつりじゃないか。
じゃ次は中野ションション
お~これもなかなかの人でだ♪
じゃ次は松本ぼんぼん
20万人の人出だそうです!!
いや~、長野県はすごいなあ、こんなページが出てきました。
どれも「連」が何十組と出て踊り狂うのだそうですが、ほとんどが今日8月6日だそうですから、長野県下では本日は何十万という方が踊る阿呆と見る阿呆をやったのでしょうね。すごい!、エライ!、たいしたたまげた。
ま、そういうお祭りなら、そういうカッコウでもいいでしょ。
明日ちゃんと帰ってこいよ~。

画像挿入テストです

いやはやパソコンを替えるというのは大変ですなぁ・・・。
ちょっと画像ソフトが機能してるか確かめさせてください。
よいしょっと、
湧水10-1
こらしょっと、
walk1026-02-1.jpg
ふむふむ・・
まぁ慣れればなんとかなりそうか・・・。