FC2ブログ

伝説のポースIN北八ヶ岳

貴方は知っているか伝説のコレ
3-11-13ss.jpg
「シェ~!」であります。老いも若きもどっかで見たことあるでしょう。
国民的ポーズです。

次に、たぶん貴方は知らないコレ
3-11-14ss.jpg
ラブちゅう~にゅ~、だそうです^_^;
コレは多分「伝説」にはならないので、知らなくともいいでありましょう。

次に、コレを貴方は知っていたらかなりの・・・
3-11-17ss.jpg
寛平ちゃんファンですネ、
「血ィ 吸うたろか~ぁ」だそうですm(__)m

こんなことをやっているのは、先週北八つに来たものの吹雪に追い返され、今日こそリベンジよッと燃えているTさんです。ついでに大峰山の荒行「親孝行するかあ~」もやってもらいました。仰向けなんで、よく見ないと分かりません
3-11-1ss.jpg

ま、しかし、ちゃんと北横岳に登頂成功しました♪
3-11-18ss.jpg
後ろはTさん曰く、新発売「蓼科プリン」だそうです・・・。

山頂の樹氷に隠れていた「樹氷の精」
3-11-15ss.jpg

それにしても本日は八ヶ岳独り占め♪
3-11-4ss.jpg

遠くの南アルプスまで独り占め♪
3-11-3ss.jpg

帰り道も独り占め
3-11-5ss.jpg

大雪原も独り占め
3-11-6ss.jpg

「彫刻のよう♪」とTさんはいいました。
なるほど青空にくっきりと浮かび上がった南八ヶ岳の峰々は
オリンポスの山々のように神々しい。
こんな眺望を独り占めできるなんて実にラッキー
3-11-7ss.jpg

「もうさいこう~ォッ」とねっころがったらなんと上空にはカミソリのように薄い三日月が出ていました♪ ツアーの最後に「月」まで独り占めできて大感激。
3-11-10ss.jpg
みごとリベンジを果たしたTさんは、実はまだまだスノーシュー三昧に浸りたく、来週「もっと遠くへ」「もっとハードな」ツアーに挑戦することになりました。どこに出没するかは、又来週のココロだぁ~。

パワフル戸隠・ダイジェスト

やってまいりました戸隠。本日は遊びのプロばかり。さすが、前回の下見が役に立たないくらいに道を踏み外し、大変楽しい一日となりました。
GPSっていいなぁ。オシッ、オラも買うかんねッ、と決意の一日でもありました。
3-10-2ss.jpg

奥社到着。奥社の背後には戸隠連峰が聳えております。その山々こそが御神体なのであります。神代の昔、天岩戸をタジカラオノミコトが力の限りにエイヤっとこじ開けたときに、勢いあまってこの地まで岩戸を吹っ飛ばしてしまったというのです。んで、この地に鎮座ましました岩戸が戸隠連峰になったのでアル、というまるで神話のような(あ、神話か^_^;)お話しが伝わるのであります。
3-10-3ss.jpg


氷結した鏡池に足をのばしました。ドーです、戸隠連峰の峻険なること!。まことに霊験あらたかなるを感じつつランチタイムをしばし楽しんだのでした。この時に発せられた「タコ、アホ、ヤッホ」なる言霊は木霊になりて、あたりに響いたのでしたが、読者諸兄にはなんのことやら分からぬでありましょう。現地に行ったものでしか味わえぬ神秘体験を得たのでありました(^_^)v 恐るべし鏡池!♪
3-10-5ss.jpg

んで、「戸隠」とくれば「戸隠蕎麦」 いんや~美味いのなんのってそりゃぁおめェ♪
そっか、戸隠のパワーは蕎麦に潜んでいたんだ、と納得。
ここのおかみのサービスパワーも炸裂♪ 一同すっかり和んでおります。
戸隠に行ったら蕎麦屋は「岩戸屋」がお奨め。
3-10-6ss.jpg

というわけで、報告はダイジェスト版です。
まだまだUPしたいデータはあるのですが
明日も早いので今日はここまで。

春を待つ飯盛山

本日は飯盛山スノーシュー。メンバーは恒例になりそうな「水曜研修会」
スタートは平沢峠 本日も眺望抜群
なにせナウマン博士がフォッサマグナを発見した場所ですから。
2-23-1ss.jpg

で、飯盛山の前に獅子岩に登頂成功♪
2-23-3ss.jpg
これが獅子岩だ!
2-23-2ss.jpg
さて、出発ですが、本日は一人がスノーシュー、一人が軽アイゼン、一人が登山靴(アイゼンなし)といういでたちにしてみました。なにしろタイトルが「春を待つ飯盛山」、つまり「もう冬ではない」が「春でもない」登山道を歩くのですから、雪は腐っているし、一部ドロドロの地面を歩くであろうと予測したわけです。結論を先に書きますと、軽アイゼンが正解でした。
2-23-4ss.jpg
ご覧くださいこのドロドロ道(T_T)
2-23-6ss.jpg
しかし、実はこれはほんの一部
実際には(腐ってはいますが)雪道がほとんどでしかも今日は空が青く八つは白く、気分は爽快
2-23-8ss.jpg
ルンルン(古っ)で歩いていると、オヤ、前方からマウンテンバイクにまたがって走ってくる粋な男性発見! 
2-23-9ss.jpg
呼び止めて話を聴こうとしたら、あれあれ中込さんじゃありませんかっ! 私たちが主催する「八ヶ岳高原サイクリング」に時々ゲストで出ていただく「MTBバイク元全日本チャンピオン」にして「ロードレース元日本代表」。奥様も「MTBバイク全日本チャンピオン4回」にして「アテネオリンピック日本代表」という自転車界のつわものご夫妻です。野辺山でペンションを経営されております。
2-23-10ss.jpg
そうとう「冬が大好き」だそうで、本職の自転車遊びはもちろん、山スキーからそり遊びまで、毎日わが庭を駆け巡っているのだとか。春になってしまうと「自転車でただ走るしかない」のだそうで、冬よ永遠に、と真剣に願っているのが私と同じ(^_^)v、お話を伺い大変嬉しかったのであります♪ 私には積雪の飯盛山に自転車で遊びに来るという発想はありませんでしたが、中込さんは今年だけでもう「数十回来ている」と楽しそうに話しておられました、スゲッ!!

お別れして先を急ぐと、おッ、中込さんの自転車の跡発見
2-23-12ss.jpg
いや~、よくこんなところを走るよなぁ~
さすが日本代表のやるコトは違いますね。

それにしても今日はホントに気持ちがよい
2-23-11ss.jpg
サクサク歩いてあっというまに山頂をゲット
2-23-15ss.jpg
後ろに富士山があるのですが、わかるかなぁ・・・。

八ヶ岳をバックに撮ると標柱の文字が書いてないのが玉にキズ
2-23-14ss.jpg

山頂での撮影会が終わった後は風のこない場所を探しておまちかねランチタイム
2-23-17ss.jpg

なんと1時間半もここで時間を過ごしてしまいました♪
2-23-18ss.jpg

もう食べられません、許してくださあ~い、と寝言をいいながらシェスタを満喫しています
2-23-19ss.jpg

帰りはあっという間。
おなじみの登山道の守神石に本日の楽しかった一日の御礼をしてゴール
2-23-20ss.jpg

野辺山にきたらグレイスホテルの豊田支配人にお会いしないわけにはいきません
表敬訪問に伺うと、おやおや、同ホテルではこんな企画を開催中でした
2-23-21ss.jpg
題して「寒いほどあったかフェアー」・・・、どこかで聴いたような^_^;
朝6:00の時点で気温が0度以下だったらティーをプレゼントということだそうです
で、支配人はそのティーをご馳走してくれました\(~o~)/
2-23-22ss.jpg
あたかなアップルティーに蜂蜜入れたもので、身も心もあったまります。
残念ながら2月末まで。

と言うわけで
青い空に白い峰、スノーシューに自転車、雪と冬に万歳、アップルティーにも感謝して、
八ヶ岳パラダイスな一日を満喫したのでした。

佳境・沸騰・三昧・スノーシュー

今日は45名様のご案内。スノーシューの手配だけでも大変です。ところで暖かい日が続いたり雨が降ったりしてますが実はまだ2月じゃありませんか。冬はまだまだ続きます。八ヶ岳のスノーシューシーズンはこれからが佳境といったところなのですヨ。そしてますます人気沸騰スノーシュー。今日は45名様ごあんな~~い、という状態(@_@。しかもほとんどの方が始めてのスノーシューということですから嬉しいですね~。皆さんをとりこにすればスノーシュー人口はますます増大、ということになるのです♪。潜在需要はまだまだあるぞッ、と張り切ってでかけた先は、本日も美し森周辺。
しょっぱなから急斜面を自由に下りていただきました
2-19-5ss.jpg
もう大受け♪ みなさん、喜んでくださってありがとう、私もウレシイです。

いろいろ闘って(?)休憩時間
皆様、
「スノーシューはじゆうだあ~」と体感してもらえたでしょうか。
2-19-2ss.jpg

で、自由に向かった先は「美し森展望台」
夏は大賑わいのこの場所も、冬はいつもスノーシューの私たちだけの貸切です。
もったいないなぁ。冬こそ大展望が広がるのに、なぜもっとPRしないのだろうか
2-19-3ss.jpg

でもそのおかげで、私たちは自由に写真の撮り放題。
2-19-4ss.jpg
皆さんに大いに三昧していただいて、
定番の記念写真
ドーです、このカラフルなウエア♪
冬の山に花畑出現、といった感じですね。
2-19-1ss.jpg

雪遊びしない方々が他の何かの目的でこのエリアに遊びに来られる場合もありますが、総じてそういう方々のウエアはダーク基調で暗い感じのウエアとなります。見ていても寒そうで重そうですが、スノーシューでもやってみようというチャレンジ精神旺盛の方々は、ウエアも若々しく、立ち居振る舞いも華やか。そばにいるだけでコチラも活性化されます。今後冬の八ヶ岳には「カラフルなウエアで来ること」という条例を作りましょう(~_~;)

皆様、今日はありがとうございました。私も楽しい3時間でした。

冬の三味線滝へ

本日は「凍結した三味線滝を見に行こうツアー」を決行。とんでもないラッセルツアーとなりました。
昨日降った雪が相当に湿った雪であったことに加え、本日の春のような気温(-_-;)。全コースすべて3月中旬なみのズボズボ雪状態になっておりました(T_T) 雪が重く、足が前に進まない。途中、計画を変更し、のんびりランチタイムをとったこともあって、気がつけば3時間半たっていた。夏ならば90分で到着できる距離なのに・・・。
が、到着したらそこは別天地
2-16-6ss.jpg

はやる心を抑え、滝の真下に向かうO嬢。
2-16-4ss.jpg

三脚を駆使してアングルを探すSさん
2-16-3ss.jpg

アイスクライミングってこんな感じ?♪と喜ぶO嬢
2-16-5ss.jpg

滝つぼを激写中のSさん
2-16-1ss.jpg
いや~満喫\(~o~)/ きてよかった♪

ドリップコーヒーが美味い。
2-16-8ss.jpg

みなさん、ココお勧めですよ~(チョっとラッセル強いられるけど)
2-16-7ss.jpg

ふる雪や、ゴールは遠く なりにけり

今日はツイッターでいつもお目にかかる方とスノーシュー。
2-15-3ss.jpg
昨晩まで降り続いた雪がやんで、風のない暖かな朝に集合。
さ、あるくぞ~ォッと気合を入れつつ周囲を見ればおや、
いつもの「標高1900m」の看板がもうほとんど埋もれかかっている。
こりゃ今日はラッセルだね。
2-15-1ss.jpg
ありゃ、「黄色い箱」も埋もれている
よく降ったもんだ
2-15-2ss.jpg

雲の向こうに権現岳と赤岳が!
ちょっと雲がかかっているが、テンションがあがります。
2-15-4ss.jpg
なにせ
こんな雪だらけの「賽の河原」は久しぶり
2-15-5ss.jpg
この看板も埋もれる寸前です。
2-15-6ss.jpg

こちらも埋もれる寸前
春までそこにいなさいね。
2-15-7ss.jpg

あ、ランチタイムの写真がない・・・
まいいかっ。

それにしても今日は雪が積もりすぎて尻すべりができなかったなぁ
下界近く戻ってきたところでやっと短い滑り台を楽しむことができました
2-15-8ss.jpg

で、本日は雪が深くてなかなか前に進めなかったこともありますが、それ以上に話がいろいろと飛んだり跳ねたり弾んだりして楽しく、なかなか足が前に進まなかった。ほとんど初対面と言っていいこの方々となんでこんなに話が弾むんだろう。たぶんこれも「八ヶ岳の神様」のおかげでしょう(なんていう話で盛り上がったのです^_^;)。

普通なら2時間半くらいのコースを本日はたっぷり5時間かけて楽しみました。

ところでゴールのカフェでこんなものを注文しましたヨ
2-15-9ss.jpg
「コーヒ&ソフト」。そのまんまやん、というメニュー
どうやって食べると思います?

こうすんの
2-15-10ss.jpg
ソフトにコーヒーを入れて食するのです。
5時間歩いてほてった体に優しく冷たいソフトがとろりんと入っていきます
気持ちいい感触でした。

全てよ 今日も ありがとう。