FC2ブログ

八ヶ岳UFOコンベンション2011のお知らせ

全国1000万UFOファンの方、大変ながらくお待たせいたしました。第三回八ヶ岳UFOコンベンションの詳細がやっと決まりました。(ホントはもう少し煮詰めなくてはいけないんですが、ともかく問い合わせが多くてまいりました^_^; 期日はいつですか~、場所はどこですか~、と嬉しいんですけど対応が大変なので、ややフライングなのですがもう発表しちゃいます、あとでいくつか微変更があってもユルシテね♪)
今年のフライヤー、表はこんな感じです
ufoomote1.gif
クリックしてさらに拡大してみてください
裏はこんな感じ
キースufoura1.gif

第1回目は約120名
第2回目は約180名の方が来てくださったのですが
今回はすみませんが限定50名とさせてください。
前2回に比べて準備期間が短かったのと、スタッフの都合がつかず、小規模にせざるをえませんでした。
内容は前2回にも劣らないものとなっています。
会場も前2回をしのぐ豪勢さです。なんと小淵沢キースヘリング美術館です♪。
キース・ヘリングの絵の中にUFOが描かれているのをご存知ですか?
学芸員の興味津々なお話しも聞きどころです。

八ケ岳でUFOな一日をお楽しみください。

来年はもう少し早くから始動して、また200名くらいの規模にしようと思います。
今からスタッフ募集しようかな・・・。

さて、そろそろ考えなくちゃ

UFOのこと
ufo2010-1.jpg

UFOは飛んでいる

写真を4枚並べます
1枚目は小淵沢在住の有名な「地球先史文明研究家」淺川嘉富氏の近著に紹介されてたUFOの写。
tiptop1.jpg
UPしてみますとこんな感じ
tiptop2.jpg
淺川さんの読者が北杜市内(小淵沢上空)で2009年に撮ったものだといいます。
長さ数キロはある母船ではないかということです。
次に下の写真をご覧下さい
tiptop3.jpg
北杜市内のローソン(高根やまびこホール前)上空です。
UPしてみますとこんな感じ
tiptop4.jpg
とても良く似ています。
これは私の友人が最近(10月14日)撮ったものです。
2枚に共通していることは、撮影しているときは気がつかなかったが、現像してみて(パソコンに取り込んでみて)はじめて分かったということ。そして撮影現場が2枚とも八ヶ岳南麓の北杜市内であるということ。淺川さんは、このあたり一帯がパワースポットなのでその力をなんらかの形で利用しようと来ているのではないか、と推測しています。
そして
この母船らしきUFOが撮影された1週間後、別の私の友人が北杜市内清里上空で昼間(10:15)10機以上のUFO(銀色をした楕円形)が編隊を組んで飛んでいるのを目撃しています。無理やり解釈するとそれはこの母船の子機ではないかとも思えます・・・。
この二人の友人はもともとUFO信者でもなく、どちらかというとこういう事には冷静な判断をする方々で、私のように勝手な空想や解釈をいたしません。ローソン上空のUFOらしきものを撮った友人は「やまびこホールの駐車場からローソンを携帯カメラで撮りました。携帯に入ったままで忘れていたんですが、パソコンに取り込んでみたら、空中に変なものが写っているんです。まあ、光の反射か何かだとは思いますが、念のため送ります。」なんていう冷静なコメント付きで私に送ってくれました。私が「UFO騒ぎ」が大好きであると承知しているのです(~_~;)
しかし、淺川さんの紹介したUFOと友人が撮影したUFOの形を見れば、どう考えても同じようなモノであることから、どうやら私たちの住む上空にはなにかあやしきそして不可思議な、まさにUFO(未確認飛行物体)が存在していると考えざるを得ません。

UFOコンベンション異変その2

ケータイの電池異変を知らせてくれたKさんから当日撮った写真が届きました。
9-23-9ob1.jpg
ベントラタイムの写真ですが、炎の右上にオーブのようなものが写っています。送ってくれたオリジナルでは写真全体に無数のオーブが確認できます。右上を少し拡大してみました。
9-23-9ob2.jpg
Kさんによると「ミトコンドリアのような」ということですが、なるほど細胞の核のようなものも見えます。
これは一体なんなのでしょうか?
実は、ベントラタイムに私の撮った写真にもオーブらしきものが写っていましたが、これは明らかに火の粉か水滴か灰などの反射に拠るものだとわかります
9-23-9-ob3.jpg
上の写真のように、丸く映りこむもののほとんどは水滴やゴミ、この場合は灰だと思われます。
四角いものもそうなのでしょうか・・・?

UFOコンベンション異変

興奮のUFOコンベンションが終わって数日たちました。あれから皆様の周辺で何か「異変」は起こりませんでしたか?実はコンベンションが終わってすぐに下記の様なメールを下さった方がいました。

>参加者数名に”携帯をフル充電して八ヶ岳に来たのに、二日目はスッカラカン”事件が起きているようです。じつはわたしもそうだったのでさっそく○○さんにコンタクトを取ってみました。多賀さんのところにもそのような報告が入っていないでしょうか?

というものです。
幸か不幸か(?)私のケータイには異変がおきなかったのでその旨のメールを折り返すと、下記の様なメールがまた届きました。

>わたしのAU携帯(平均週一~10日で充電)は会場内では、アンテナ1本もしくは圏外・・という状態だったので、そのため激しく電池を消耗したのであろう・・くらいにしか思っていなかったのです。
わたしの場合は、一日目の21時過ぎに家から電話があったようで、途中で会場を抜け出して2~3分電話をかけに行ったときは、特に異常はなかったのです。2日目、携帯を取り出してみるとエクステンションモード(予備電源で起動、風前の灯モードです)に入っておりました。と云う事はたぶん、ベントラタイム以降になんらかの異常があったのではないか・・・と。
○○さんのブログによると、○○さんをはじめ、他四人の参加者の携帯が電池切れになっていた・・ということです。いずれにせよ、それらの携帯のキャリア(ケータイ会社)と、その使用年数も関係してくる事でもあるので、一概に『ありえない事態』だとは言い切れないのですが、検証が必要な興味深い事象だとは思うのですが

という返信がまた届きました
そこで○○さん(スタッフの一人です)のブログを探してみると、こんなことがサラリとかかれてありました。
ふ~む・・・。少し検証してみる必要があるのかな? これをお読みのコンベンションにご参加下さった皆様、もしこれと同じ状況(か、又は違う状況でも)に心当たりのある方は是非お知らせ下さい。

さて私が把握しているもうひとつの異変は別の○○さんの目。
彼女はコンベンションが終わった翌日から目が真っ赤に充血し結膜炎のようになってしまいました。医者に行ったら「1週間くらいかかるが自然に治る」と言われたそうですが、それにしても原因不明です・・・。

UFOコンベンション速報(2)

二日目は爽やかな朝を迎えた。
...と言いたいところですが、昨晩コンベンションが終わってから我家では我家に宿泊して下さった講師と参加者達と二次会^_^; 朝4時過ぎまで盛り上がってしまい、睡眠時間は約2時間半(T_T)
もうろうとした頭でなんとか二日目に突入しました。今日は、朝2時間の講義、ランチ。午後から2時間の講義。という段取りです。二日目も(平日にも関わらず)100名近い参加者にご来場いただき感謝感謝の一日でした。
9-23-6.jpg

今回、各講師の持ち時間を2時間としたので、4名の講師で合計8時間。二日間にわたって8時間をただ聞いているだけというのは、いくら興味のある内容だからといって、ちょっと飽きてくるんじゃないかナと、若干心配もしたのです。が、4名とも自分の追及している事柄が微妙に違うので、同じような話にならなかったのが大変よかったと思います。バランスが絶妙でした。

9-23-7.jpg
上はテレビでブレイク中の中津川昴さん。

終わってしまうのが惜しいくらの濃密な二日間は24日の15:30頃終了。来年の再会を約して、名残惜しみつつ、会場をあとにしたのでした。

えほん村のケロtomoちゃんが昨日の様子をUPしてくれてました。