風邪は気合と○でなおす。

先日スノーシューに行った夕方から喉の具合がおかしかった
放っておいたら次第に悪化し、ついに昨晩は頭痛、発熱、悪寒に襲われた。
インフルエンザか?単なる風邪か?花粉症のヒドイ奴か?
どちらにしても、ここで寝込んではマズイ。
春休みの稼ぎ時、学生さんたちの合宿が続いているのであります。
で、昨晩は夕食を出してすぐキッチンの横で横になった。
頭痛がひどくて動くと吐き気をもようしてしまう。
夕食後の後片付けを子供たちにやらせ、学生さんたちがあれこれ言いに来るのをかみさんにすべて托して、そのまま寝る。
部厚い蒲団をかぶり、目一杯汗を出そうとがんばりつつ、頭痛と戦う。ここで薬を飲んだら完治まで最低三日かかってしまう、気合で治せば明日なおるっ、とカタク自分に言い聞かせ、気合で寝る。(葛根湯を2本飲んだけど・・)
20:00頃か、「みぞれだ」と声がした。「お父さん外はみぞれだよ」と誰かが言った。グフフ、私の弱み(強み?)を知っているな、ここがみぞれなら山は雪だ、雪が降れば寝てられない、私を元気付けようとする一言だと勝手に感謝してまた寝る。
で、朝、多少頭痛が残るものの、気分は持ち直したので起き上がって仕事。生徒さん達が試合に出かける頃にはすっかり頭痛も取れて「気合」の力に感謝。風呂へ入る。
風呂から出てサッパリして思いついたのが褌。なぜか今日は褌をする日だと思った。褌については少し前の日記に書いたので、詳しくはかかないが、褌はヒトの体調と精神に良いらしい。だったら毎日すればいいのだが、1枚しか無いので、ここぞという勝負の日につけなくてはいかんのです。で、今日は気合で風邪を完治させる勝負の日。褌で風邪を治すぞっ、という気合をいれつつ、装着完了。
気合が入ったので予定通りちょっと出かけて用を済ませ、帰りに立寄った本屋でビーパルを立ち読み。すると、なんということか、ビーパルでお馴染みの「シェルパ斉藤氏」の記事の中に「歩いてその日の目的地に到着したら、褌に履き替えます」ということがかいてあった♪、お~シェルパ氏よ、君も褌かね、よいぞよいぞ、分かっておるね、と何故か本屋で興奮。
褌の効用はいろいろあるのですが、「気合とリラックス」が同時に手に入る感覚ですかね、シェルパ氏は「リラックスするため」と書いていたが、その時の気分次第でどちらも或いは両方手に入るから不思議。気になる方は一度お試し下さい。
スポンサーサイト