スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳オーロラ伝説

来年2月1日から3日までの3日間、八ヶ岳の夜にオーロラが出現します。
見える所は清里丘の公園ゴルフ場、見える時間は20:40~21:00の20分間。
20:30からは景気付けに太鼓もたたいちゃいます(*^^)v
防寒対策をしっかりして、お集まり下さい。多分曇り空でも見えるハズです。
入場料¥500
え入場料とるの?
ハイ。
これは事実に基づく楽しい「イベント」なのでありますから(*^_^*)
すみませんがワンコインご用意ください。
詳細はコチラ

普段は日本から見えないオーロラも、太陽に活発なフレアが発生すると地球に磁気嵐が届いて、その影響で極端に成長したオーロラの上部だけが日本からも見える時があるのです。オーロラの上部だけですから「赤みがかった感じ」のオーロラとなります。ただし肉眼では見られません。長坂に住む「牛山俊男」さんは2001年と2003年、綿密な計算の上、肉眼では見えないオーロラを撮ろうと八ヶ岳上空にカメラを向け、悪戦苦闘の末、見事その姿を写真に捉えることが出来ました。本州では極めて珍しい「低緯度オーロラ」が発生したのです。

藤原定家がオーロラをみたと明月記の中で書いたそうです
「・・・白光赤光相交奇而尚可奇 可恐々々」
  (白光赤光相交う 奇にしてなお奇とすべし 恐るべし、恐るべし
これは京都で見たオーロラの記録として間違いないそうで
そうとう貴重だということです。

また江戸時代の新潟の資料には
「北方赤きこと如火 其中に白蛇顕れ南北になびくこと五十余筋」と記されています。

日本でも肉眼でみられないことはない、ということが分かりますが、基本的には見られないので
「オーロラ伝説」となりました。

入場料とって見せるというのはいかにスケールがちいさいかという証拠のようでケチくさくて、なんだか期待がもてないような気もしますが、花火よりは害がないこのイベントを私は応援します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

すごい!星空で有名な八ヶ岳も、ついにオーロラまで(笑)!
当日いいお天気でありますように!
ちなみに、牛山俊男さんは韮崎市在住です~♪

あ、そうでしたそうでしたm(__)m 牛山さんは韮崎在住でした。
私が住んでいるのが長坂なものですからつい我田引水で書いてしまいました(~_~;) 牛山さんと同じ地域に住んでいるということが私にはなんだか嬉しく感じられるのであります。星空まで美しく見られるような気がして(*^_^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。