アニマルトラッキング

今日はスノーシューDE「アニマルトラッキング」。「アニマルトラッキング」って何か知りたい人は、自分で調べましょう♪
赤岳がクッキリと青い空に浮かび上がって、本日は絶好の「アニマルトラッキング」日よりです。
1-23-7s.jpg

まずはスノーシューの装着方法から、ってきみきみ、お父さんに任せっぱなしじゃあきまへんで。
1-23-8s.jpg

こんな明るい冬の森を歩くのです。それだけで気持ちい~~いッ。手に手に黄色いカードのようなものを持っていますが、これは現地に来てくれた方だけに差し上げるアニマルトラッキングの虎の巻。つえぇ味方です。
1-23-11s.jpg

さっそく何か見つけました
1-23-2s.jpg

木の実かな?
誰かが落としたチョコレートかな?
ニオイを嗅いでみると・・・
1-23-9s.jpg
無臭です。
しかあしッ!!
これはね、鹿のフンなのですッと、
1-23-5s.jpg
本日の講師「ますやん」が素手でつまんで解説を始めました。
男の子が「あ、あの、それフンでつよね・・」とビックリしてます!(^^)!

つぎなる発見はキツネの足跡
「みなさ~~ん、キツネの目の位置に自分を置いて見ましょウ」とますやんが言うと
こんな風な体勢を作ってくれました
1-23-10s.jpg
しかしですね、皆さん背が高すぎます。「キツネの背の高さはランドセルと同じくらい」と覚えておくとよいでしょう。
次に、せっかくですから「リスの目線」になります。
1-23-3s.jpg
これは難しい。リスの目線って、ペットボトルより低いくらいです。あんな低い目線で森の中を走り回っているのですね、リスには全ての木が巨木に見えているのかもしれません。ついでに書くと、「ウサギの背の高さはサッカーボールくらい」です。こんな風に覚えておくと、彼らの森の中での生活風景がちょっと想像しやすくなりますね。

ますやんはこんなモノ↓を示して、森の生き物たちを紹介してくれました。
1-23-6s.jpg

おなじみ「笹笛教室」も開催
シカの鳴き声ソックリな音が出るのです。
1-23-4s.jpg

お~霜柱をはぎとって見せてくれた。
こんな大きな霜柱は、もはや都会では絶滅危惧自然現象となりました。
良いものを見たね♪
1-23-1s.jpg

他にもたくさん発見したのですが、私の写真はここまで。
いや~、楽しかったですね、そして、勉強になりました。
スノーシュー遊びは多種多様。お子様にも、時間のない方にも、体力のない方にも、女性にも、男性にも、酒飲みにも(意味不明)、山ガールにも、山男にも、どなたにも、それぞれに応じたフィールドがあり、それぞれに応じた遊び方があります。八ヶ岳では3月下旬まで遊べますので、ぜひ体験しに来てください。もれなくシカのフンをお土産に差し上げます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント