スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普段どおりの八ヶ岳

■ウオーキング大会の下見で清里のオオヤマツツジあたりを歩いてきました。林床のクマザサを覆う残雪がどこまでも広がっていて、まだ春の気配はありませんでしたが、
4-11-4n.jpg
雪のない道は意地悪です。大きな霜柱によって持ち上げられた地面が「落とし穴」を用意して待っているのです。本日しっかり罠にはまって、靴もろとも足首まで泥に埋まってしまいました。こういう道を歩くのは「春」ならではなので、地面には春が来ているといっていいのでしょう。特に嬉しくはありませんけどね。

■ここは「シーニックデッキ」前に広がる牧草地。ここのところ30頭以上と思われる鹿の群れが頻繁に現れて、見物の車がよく停まっています。そういえば最近清里エリアで「鹿の角」を拾ったという報告がありました。今年のモノかどうかは確認できませんでしたが、もしかしたらそろそろそういう時季なのかも。角を落とす頃の鹿を「鹿の春」といって季語になってます。雄は角が落ち、雌は孕んで脱毛しまだらに色があせる。歳時記では秋の鹿の美しさに比べてやや「哀れをさそう」とありますが、どうでしょうか・・・。
4-11-3n.jpg
おなかの中の赤ちゃんに一生懸命食事を与えているのかもしれませんね。雌は春深くなるにつれ動作が鈍くなり、雄は敏感になるといいます、外敵から雌を守るのに必死なのでしょうか。八ヶ岳では鹿の数が増えすぎてもはや害獣扱いですが、こういう姿をみていると「がんばって立派な赤ちゃんを産みなさい」と思ってしまいます。

■「家にくすぶっていても気がめいる」からといって、Kさんが走りにきてくれました。6月の八ヶ岳高原サイクリングに出場予定なので、コソ練にきてくれたのです。
4-11-2n.jpg
ビアンキのホールディングにロード風のタイヤを装着。なかなかこだわっているのです。が、肝心のサイクリング当日に休めるかどうか微妙だというのであります。思いきってやすんじまえ~(^_^)v 今度の大災害を持ち出すまでもありませんが「明日はどうなるか分からない」のです。思い切ってやりたいことをやりましょう(人ごとですいません^_^;)。

■ここのところ何故かよく低空飛行していく軍用機 東北の方面に物資を輸送しているなら許すが、そうでなかったら撃ち落したい。ものすごく低空で激しくうるさい。
4-11-1n.jpg
これはかなり遠くに行ってしまったものを撮ったので小さく見えますが、ほんとはもう屋根をかすめて飛んでいくような感じです。沖縄の方々のご苦労がよく分かります。

■と、まあ、最近の日常を切り取ってみました。私の家の周辺では桜はこれからです。ヤマザクラやヤエザクラなどはGW頃が多分見ごろです。みなさ~~ん、遊びにきてくださ~~い。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ビアンキに軍手とビニール傘、かっこよすぎる…自転車から溜め息が聞こえます。「持ち主を間違えた」って。
八ヶ岳にたくさん桜の木あった。桃の木も。
遠くの山桜、坂から見下ろした川沿いの桜並木、畦に並んだ桜…いいなあ! 来週晴れますように!

持ち主を間違った様
当日、休みを取れますように。
いいでしょ、八ヶ岳!
来週絶対晴れます\(~o~)/
桜は再来週も多分OKです、花見に来ませんか??
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。