スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000名と歩くということ。

八ヶ岳歩こう会はローカルなウオーキング団体で、まぁ、歩くのが趣味な人たちの集まり、といったグループです。それでももう10年間全国からのウオーカーたちを集めて「八ヶ岳里山ウオーク」なる大会を継続して実施し、大変喜ばれています。「オオムラサキ遊歩道」という全国屈指の良いウオーキングコースがあるからです。それにしても毎回300人から400人のウオーカーを私たちだけで集めてお世話をするのは大変です。今年も7月10日に行う予定で、現在あれこれと準備中です。
そんな中、今度は1000名を集めて秋に大会を開こうということになり、もっか7月の大会と秋の大会の準備が平行して進行中(T_T) 泣いてますが、うれし泣きでもあり、本音でもあり、よくぞここまでといった感慨もあり(まだ実現してませんけど)、他のことができないよなぁ~という気ぜわしさでもあり、複雑です。
秋に歩くのは「棒道」です。「オオムラサキ遊歩道」と「棒道」は北杜市がもっと誇っていい、もっと宣伝すべき道で、二つとも読売新聞が選定した「遊歩100選」に入っています。全国でも1つの町から2つも100選の道が選ばれたというケースは例がありません。また、「棒道」は国交省と日歩協が選んだ「歩きたくなる日本の美しい道500選」にも選定されています。500選には本来ならオオムラサキ遊歩道も入るところでしたが、今度は一つの町(合併前の長坂町)から二つ以上選定するのはいかがなものか、という意識が選定委員に働いて、泣く泣く落選ということにあいなりました。山梨県からは全部で10コース選ばれています。ちなみに清里の「開拓の道」(合併前の高根町)も500選に入っています。
という背景もあり、八ヶ岳南麓というのは全国屈指のウオーキングフィールドであることは、全国のウオーカーが認めています。1000名くれば1000名がきっと満足して帰ってくださることは間違いありません。
が、当会の力だけではとても1000名のおもてなしはできません。今回、当会としてははじめて他の組織と手を組むことになりました。手を組むことによって大きなことができる(かもしれません)が、いつもよかれあしかれ「アットホーム」であったことが好評だったと自負している私たちにとっては未知の領域です。
大事なことは仮に1000名という団体が来てくださっても、私たちが相手にするのは一人一人である、ということ。いまから、どうすればそれが実現できるか、考えております。夜も眠れません(朝寝てます)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。