スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の中も春だった

なにはともあれこちらをご覧くださいませ
4-22-2k.jpg
カエルの卵です 「巨大化したDNA」のようで不気味です。
カメラを水中にいれて撮ってみると
DNAは重なり合って堆積し、なにかが起こる予感・・・。
4-22-3k.jpg
春が来るのです。
春は水からも湧いてくるのでした。
「冠雪が消えていく」「黄色い花が目立ち始める」「春の鳥達が鳴いて告げる」「北斗七星が春をこぼし始める」などなど、春の兆候はどこか浪漫あふれて情緒的なものであることよのう、なんて思っていたのですが、こはいかに! ここまでリアルに異様な(といってはカエルに失礼だが)‘春’はみたことがありませんでした。量が違います。カエルが嫌いな私としては、カエル憎けりゃ卵まで憎し、という思いであります
ここはとあるカルデラ湖
4-22-5k.jpg
春爛漫のカルデラ湖にカヤックを浮かべにきたのです
友人から預かったその名も「ペンスケ号」を、数年ぶりに浮かべてみようと思い立ったのであります。部品はあるのか、穴は開いてないか、カビは生えてないか、そもそも組み立てられるのか、などチェケラ
4-22-1-1k.jpg
ふむふむ、なんとかなりそうじゃの
4-22-2-1k.jpg
んでもって 浮かべてみたら、お~いいじゃないのいいじゃないの
4-22-1k.jpg
誰かがむっくり起き上がってきそうだけど、なんか軽快でカっこイイ。
よしよし
ペンスケ号の完成で~す♪
では
完成を祝してお薄の儀
4-22-9k.jpg
手つきはともかく、奥の一輪がいいね。
亭主ところをかえてもてなしておりますが
あれ? ピンク色の瓶は??
4-22-8k.jpg
ははは、気分がよろしくなったので散歩でも・・・
湖畔には周遊散歩道がありまして、こんなものや
4-22-6k.jpg
こんなものが
4-22-7k.jpg
全ての柄杓が意図的に底に穴が開けられております。これにはいわれがあるのですが
ちょっともったいぶってココには書かないことにします。

肝心のペンスケ号は
もしかしたらタヌキさんの泥舟状態になるやもしれず、ということで
二人乗りなんですが、一人の勇気あるカヤッカーを押し込み
熊野の捨て身行「補陀落渡海」のような覚悟で出発
4-22-4k.jpg
万一があってはならずとスクランブル体制もとっております
4-22-13.jpg

ペンスケ号は数年ぶりの水の感触を楽しんだ後なんとか無事着岸したのであります♪
4-22-14k.jpg
めでたしめでたし
実は、本日はコチラのプログラムの下見&実地踏査なのでした。
男女各6名合計12名で行う予定ですが、はやくも女子はキャンセル待ち。男子は後3名となっております。5月28日が実施日なのですがかなり早いうちに満員になりそうです、お早めに。
ちなみに本番にペンスケ号は使用しませんのでご安心を。あくまでスタッフ用です。
本番当日、桜は終わっておりますが、周囲の山々に緑が萌え始め、初夏の色香が瑞々しくたちあがって、まるで別天地となります。浮世を忘れて浄土に遊ぶ感覚を楽しんでください。このイベントのキャッチフレーズは「週末家出計画~これで貴方も浮遊層~」であります♪
あ、その時期水中はきれいです。DNAはおたまじゃくしとなっていますが、その多くは大人になるまえに食物連鎖の掟にしたがって、誰かに食べられてしまう運命です。
安心して遊びましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いや~、このタマゴたちはビックリでしたね!どれだけが成長するんだろう。。。。
あ、『婚活DEカヤック』、男性もキャンセル待ちになりました!楽しみですな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。