縄文な一日

今日は生粋の縄文人「田中稔」さんと遊んだ。田中さんはキリモミ式火おこしで5秒とい世界記録を持っています。肩書きは「原始技術史研究家」というのですが、固そうな肩書きに似合わず実に柔軟で誠実でしかし情熱的に縄文時代の人々の生活について語る人なのでした。
さっそく我が縄文の故郷とも聖地ともいうべき八ヶ岳をごらんいただきました。谷戸城址から権現岳を望んであれこれお話。谷戸城址入口にある歴史資料館も見学してあれこれ謎を解く。いや~面白いっ。
4-24-1j.jpg
その後金生遺跡にしばし遊ぶ
4-24-5j.jpg
興味深い話が次々に出てきて、ココには書ききれません
4-24-4j.jpg

さて
実践火おこし教室に突入
まずは「弓ギリ式」で火おこしに挑戦
せっかくだからおこした火でコーヒーを飲もう、ということになり
4-24-9j.jpg
ケンシロウ君が(何故かケンシロウ乱入)コーヒー豆を砕きだし、準備はOK。
4-24-14j.jpg
あっという間に火種をつくると、田中先生は不思議な行動に出た!
4-24-10j.jpg
するとあら不思議!煙が出ていた手元からパっと炎があがり、
一同からも大歓声があがった。感動の瞬間です。
4-24-8j.jpg
炎をすばやくバーナーにうつし
4-24-11j.jpg
お湯が沸くのを待つ♪

火をおこす方法は他にもあり、
これはヒモギリ式
4-24-12j.jpg
これはキリモミ式
4-24-17j.jpg
先生はどんな方法でもあっというまに火をつけてしまいます。ついでに「火打石」でも火をつけてもらいました。
これもあっという間。おどろくべし田中マジックですが、江戸時代までは誰でも普通にできた生活の技術だといいます。我々も知っておいて損はありません。

さて、先ほどのコーヒーを美味しくいただきましたが、お気づきですか、コーヒーカップの前になにやらオブジェが。これは鹿の角からつくった釣り針の置物です。田中先生が作りました。
4-24-6j.jpg
どうやってつくったかというと、黒曜石と水晶(ではないようでしたが、ガラス質の石)
4-24-7j.jpg
縄文時代と同じ道具でつくったのだそうです。手前に小さな釣り針がありますが、こちらも先生の手作り。つくり方のお話も興味深く、ワクワクします。他に、縄文土器も作れば、黒曜石から矢じりもつくるという縄文人ぶり♪ 縄文時代の生活様式や人々が作り出す様々な道具についてのお話が本当に興味深く面白い。現代人とあまり変わらない精神生活がそこにあったと確信できました。

木と木の摩擦で火がおきるということは、大勢の人が知っている。しかし、実際にやってみるとなかなか火がおきない。学校の総合学習でも、結局火がつかなかったという話を聞く。そこで「大昔は火をおこすのも大変な暮らしだった」と考えるのは間違い。慣れれば簡単に火はおきるのである。

と、田中先生はおっしゃる。確かに、先生はいとも簡単に火をおこす、そしてそのコツを教えてもらった我々もある程度やるとすぐに火種ができるようになった。コツさえ覚えれば簡単です。
4-24-16j.jpg
上の写真の下あたり、赤くくすぶっている火種が見えますか? ここまではきっと誰にもできるでしょう。問題はココから先です。私たちはここから先の方法も教えてもらいました。準備さえすれば火は起きるでしょう。実際、良い道具をつくり、良い準備をすれば 誰でも火はおこせるのです。

私は、マッチもライターも無い時代でも、案外不便でなく火をつけることができることを実感として知ったことで、ますます縄文時代が好きになってしまったのでした。先生のいろいろな話から、縄文時代の道具の豊かさ、生活の豊かさ、精神性の豊かさを確信できたのです。

本日の出会いに感謝。

※そろそろ私たちも「便利さ」より「豊かさ」に価値を置く生活に戻らないといけないか・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今日はホントにそちらに伺って良かった・・!!
火が起きた時の感動は忘れられません。貴重な体験でした。
『知識としてだけでなく、体験を通して自分の中に取り入れること』・・まさに今日がその日でした。
素晴らしい出会いに感謝であります。

Pairhatさんでの『火起こしショー』(食後はお風呂でカヌーのパドルでの『湯揉みショー』もいかがでしょうか・・笑)楽しみにしております(笑)

いや~たのしかったですね
田中先生をご案内している時にケンシロウ登場を知らせるケータが鳴った時、私はあまりのタイミングに震えました♪ 偶然とはいえ、こういう出会いがあるから八ヶ岳はすばらしいのであります。
で、火起こしショーですが・・・考えます^_^; よ~く考えることにいたします。

先生が本当に山に来てくださった。配石遺跡に「この景色どこかでみた!」と歓声を上げてくださった。いつもの静かな先生が終わりごろは皆さんに出会えた嬉しさを身体中で表現してました。よかった!グットタイミングの来訪者にも感謝。彩りを添えていただきました。間髪いれず、再び山にお誘いしようっと。縄文の暮らしが私達に伝えるものはまだまだたっくさんあるはず・・・よろこぶ先生の姿にホッ!  火おこしショー、よろしく!

るいがのっこ様
よい出会いを作ってくださってありがとうございました。

火おこしショーだけでなく
縄文ウオーク、
縄文DE婚活、
なども考えております(^_^)v

るいがのっこ姐さんありがとうございます(^o^)
あ、ところでそのストラップは・・・?(笑)