美し森周辺はホントに美しい

本日は某中学校の林間学校行事の下見。先生方をご案内して美し森周辺を歩きました。
シジュウカラの鳴き声、ウグイスの鳴き声、カッコウの鳴き声、渓流の流れる音。音だけ聴きながら歩いてもココロ洗われます。青い空の下豊かに広がる緑の牧草地に白黒の牛たちが放牧されている。目にもやさしいコース。先生方は「ハイジだハイジだ、ハイジの世界だわぁ~」といってはしゃいでいます♪。誰かが「ハイジってウシじゃないわよね」と冷静な反応。「え?ヤギだっけ?」「ヒツジじゃなかった?」と、なんか曖昧。
5-21-1w.jpg
ま、そんなことはどっちでもよく、美し森周辺の景色をご堪能。
渓流では笹舟を流して遊ぶ。もはや「下見」の意識なし(^_^)vもしも~し、時間や距離メモってますかぁ。
5-21-3w.jpg
当日はまだ体力の無い中学1年生たちをつれて歩くのですが「私が歩けたんだから大丈夫よ」と妙な判断基準の下、無事に提案したコースがそのまま採用されることになりました。
途中こんなものを発見
5-21-2w.jpg
なんだっけ?ソテツか?ヤマソテツって言ったっけ?
発見したとたんに「きゃ~、恐竜がでそう~」というご発声^_^; いいなぁ、その反応。とても先生とは思えません。きっと本番で引率するときは、まじめになっちゃうんだろうなぁ。つまらんことに。
本日は天気もよく、大変楽しく有意義な下見ができました。先生方には当日も是非本日のようなノリでお願い申し上げます。楽しく歩きましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

丁度12時頃、山岳救助のヘリが川俣の沢のところでホバリングしていたけれど、チャーターしませんでしたか? てっきり予行練習かと思ったりして・・・

私たちの真下の地面にヘリコプターの影、しかもくるくる廻る羽根の影が、瞬間的に足下に映って、なんだか得した気分(?)になりました。赤い橋あたりでなかさんらしき人影を見ましたが、やっぱりなかさんだったんだ。