初音覚書

先週の月曜日(5/16)小淵沢でカッコーを聞いた。5/18清里でカッコーを聞いた。5/19小荒間でカッコーを聞いた。初音というのはたまたまその時その場所で自分が聴いたに過ぎなく、本当はもっと前から鳴いていたかもしれない。が、一応の目安。お田植えも始まっている。カッコーが鳴く頃お田植えが始まると覚えておくことにした。いつの間にか私は春の花粉症が治っていた。お田植えが始まる頃花粉症が消えると覚えておくことにした。そしてそろそろホタル観察の準備。今年も数件「ホタル情報はまだですか」と問合せがきました。そうですね、ホタルの出現そのものはまだですが、情報はそろそろ更新してUPしておかないとね。というわけで、今年もそろそろ始めます「八ヶ岳ホタル通信
ちなみに、この1週間ほどコナシの花が綺麗だった。まだまだ綺麗でしょう。つつじの花の咲く頃、森の中の光景は奇跡的な美しさとなります。緑一色の森の中につつじの紅色が視線の高さにくっきりと浮かび上がっています。少し視線をあげるとそこにはコナシの白い花が。つつじの紅との対比が緑の中でとても鮮やかです。雨の日はさらなり。林床のミヤコザサまでコロコロゆれて光って、いまにも妖精が顔をだしそう。美し森周辺に広がるツツジとコナシの森の中の小道は「妖精の道」と呼ばれています。人間以外の生き物、特に植物は雨に濡れると生き生きと輝き始めるようですね。
いい季節です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント