下痢腹痛に見舞われる

本日は元気な中2を100名くらい引率してハイキングにでかけたのでした。
6-3-2-w.jpg
快調に歩いていましたが、天女山でランチタイムとなった時に急に胃部に不快感がおそってきたのであります。そして下痢。なにこれ? まだ弁当を食べる前だったので弁当の食中毒ではない。朝何か食べたっけ?? いや、今日は集合時間がはやかったので娘の弁当を作り学校まで送って行き、その足で美し森に来てしまい、朝ごはんを食べる時間がなかった。う~ん、おかしいなあ・・・。原因も分からず回復もしないまま、昼食を食べずに出発。帰路は幸い「まきば公園」「赤い橋の茶屋」を廻るルートだったのでトイレに困ることはなかった^_^; が、腹痛気味と下痢気味のお腹をかかえて歩くというのはかなり厳しい状況です。普段汗をかかないワタクシが今日は冷や汗というのかアブラ汗というのか、なんだか良く分からない不健康な汗をかきながら歩いたので、大変疲れました。しかも今日は先生が「なるべく早く戻りたい」というので、山道を時速4キロで歩いたのです(GPSを持参したので正確です(^^ゞ)。皆様、時速4キロというと普通じゃないかと思うでしょう、違うんだなぁ、山道の時速4キロはけっこうキツイです。かなりのハイペースです。中学生たちは良くついてきましたが、先生たちがバテ気味でした。私も珍しくバテ気味。
最後まで胃の不快感と下痢に悩まされて、ついに分かったことは、朝美し森に寄る途中セブンイレブンで買い物をしたのです。その時クジを引いたら珍しくも当たって!、何をくれたのかというと「リゲイン24」というドリンク。そいつを一気に飲んでしまったのが原因だったと判明。普段そんなドリンクを飲んだことのない私が、クジにあたって喜んだのと、朝食がわりに飲んじゃえ、とばかり一気に飲んでしまったのがいけなかったのであります。
帰宅後リゲイン24の空き瓶の裏の注意事項をよ~~く読んだら大変なコトが書いてありました。
【使用上の注意】の欄に‘相談すること’という文字が四角く囲ってあって、次の場合は直ちに服用を中止し、この製品を持って医師又は薬剤師に相談してください。と太文字で書かれてあったのです。で、1、服用後、消化器に胃部不快感、下痢、皮膚に発疹等の症状が表れた場合、というのじゃありませんか、あ~た!! おいおい、遅いよ、もう飲んじゃったし、この製品をもって医者になんて相談しに行ったらいいの? 「もう飲むのをやめればいいじゃん」といわれるのがオチでしかも「この忙しいのにそんなことで来るんじゃない」って怒られるのがせきのやま。早い話そんな心配のある製品をつくらなきゃいいのであります。医薬品なら医者がその人の体質にあった薬を指示してくれるがこれは医薬部外品。だれもが何の気ナシに飲むドリンク。そんな製品が「下痢になったら医者に行きなさい」のような姿勢であっていいの??中国じゃあるまいし。
しかし今日は元気な子供たちで助かったなあ。時速4キロでちょうどタイミングよく私のトイレタイムにドンピシャ休憩所に到着し、ことなきを得たのでした"^_^" あれがもうちょっと遅いペースだったらタイヘンなことに・・・。諸君、オジサンが途中から急に無口になったのはね、そういうわけがあったのじゃよ、世の中は何が起こるかわかりませんなぁ。皆さんもいろいろ注意しながら世の中を渡っていきましょうね。ではまた会う日まで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント