台所の火の始末

やかんを火にかけたままでかけてしまったのではないかという不安がよぎり、いったん帰ってまいりました。幸いそういうことはなく、ホっとした気分というか、損した気分というか、どうにもはっきりしない気分のまま昼食を食べております・・・。それにしても台所の火の始末というのは何にもまして最優先の確認事項であると再認識いたしました。今日はホントは大事な約束があったんですけど、時間をずらしてもらいました^_^; 向こうも「火の始末」と聞いたら「あ、それは早く帰ってください」だって。理解あるヒトでよかったなあ。すんません、これから行きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント