スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猶予は20年

千葉に住む長女が川越のかみさんの実家に祖父ちゃんの様子を伺いに行ったようだ。孫から見れば大好きなお祖父ちゃんをどうして施設に入れてしまうのか、と思うところもあるだろう。しかし、実際に対面して入所やむなしと思ってくれたのではないかと期待する。誰も好きで祖父ちゃんを施設に入れるわけではない。誰も好きで入所するわけではない。政治家が使う「苦渋の決断」或は「断腸の思い」という言葉はこういう時にこそふさわしい。
私もあと20年後くらいに同じ立場になるかもしれない。その時、最低限のお金(葬式代又は入所に必要な資金)を子供たちに残してやれるかどうかと考えると・・・う~むむと唸らざるを得ない。まぁ、我家を売ればなんとかなるだろうが、そう急に売れるものでもない。娘らよ、猶予はあと20年だ。今からなにか手段を考えておきたまえ♪ わしゃ知らんかんね~(^_^)v
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。