筑波から260km爆走男

昨晩遅く我家にチェックインしたのは、なんと自転車で筑波から八ヶ岳まで一気に260km爆走してきたナイスガイ(って死語?)。来るべき10月のグランフォンドにエントリーすべく、仲間36名の命を受けて単身下見に来たという次第。「え?下見ってさぁ、何下見しにきたの?」「筑波から八ヶ岳までのコースです」「えっ!、じゃなにかい、ニイさん、本番の日は筑波から八ヶ岳まで自走でくるの?」「はい」「で、グランフォンドに参加するの?」「はい、120Kmに参加します」「エ、エ~ッ、じゃ260km+120km=380km走ることになるよ!」「はい、楽しみです♪」「で、帰りも自走だよね」「もちろんです♪」
というようなアンビリーバボーな会話がなされ、地酒「奥の松」の夜は更けていったのでした。
2011-7-14-j.jpg
しかも、自転車はちゃっかり「ピナレロ」♪ グランフオンドの公式スポンサーです。この自転車1台で小さな車1台買えちゃうのだそうです。ピナレロのオーナーは優先的にエントリーされます。当然だよね。
しかしなんだなあ、自転車野郎ってのはどこまでもマゾだなあ。「山岳コースを120kmも走らせてもらえる大会なんて少ないからホント楽しみなんすよ」って・・・アナタ、尋常じゃありません。が、自転車乗りの世界では常識なんだよなぁ、こういう考え方。う~むむむ。と唸っているうちに若者は早朝我家を出発し、再び筑波を目指して走り去っていったのでした。さすがというべきか、260km×2の距離を移動して1泊するというのに荷物はほとんどありません。カックイイ~(^_^)v
2011-7-14-2j.jpg
ライダーの宿 繁盛の予感(*^^)v
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あらやだ。かっこよすぎ!
グランフォンドでは、私も一泊頼みます…てか、部屋まだ空いてますか?! 焦って汗だく。

kcj様、お早いご予約で(*^^)v まだまだ空室だらけです。