スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武川を歩く。キーワードはなんだろう?

5/21(月)本日は武川のフットパスコースを作るための実踏です。武川といえば神代桜や眞原の桜並木に代表される「桜」がキーワードとなりますが、あえて「桜」を切り口としない武川にこだわりました。「武川の桜」は誰もが取り上げるテーマなので、いまさら私たちが取り上げるまでもありません。マップもパンフレットも既に何枚もでています。それより、武川は桜以外の季節も素晴らしいのですよ、と訴えようと考えました。四季折々、武川に歩きに来てもらうためにはどういうキーワードがあるか。歩きながらいろいろ考えました。出発前のミーティング。
5-21-1f.jpg
作戦を練っています。
あ、左の方は本日取材に来てくれた山日新聞の記者さんです。

もう一人YBSの方も取材に来てくれました
5-21-2f.jpg
なにかローアングルで狙ってますが^_^;

フットパスのコースつくり・マップつくりに悪戦苦闘しながら取り組んでいる様子やら
来年の国文祭にもからんだコースつくりをしようと四苦八苦しているナマの姿を取材してもらいました。

県からも市からもそして民間団体からも様々な方々が集結して形作られているこの集団は「ふるさとが大好き」で「歩くことが大好き」で「歩いて知る郷土の良さを多くの人に知ってもらいたい」と考える人たちの集まりです。マップつくりが始まった2年ほど前(?)は4~5人の人数で細々と活動をしていましたが、最近は20名前後の人たちが参加してくれるようになりました。賑やかで嬉しい限りです。本日は23名の実踏となりました。

この地域を歩くときに強力なスケット&アドバイザーとなったのが、国文祭準備のあれこれででお世話になっている市の国文祭担当・清水さん。このあたりの地理にも詳しく歴史にも詳しいのです。
5-21-3f.jpg

それもそのはず清水さんの実家はこのデカイお地蔵さんのあるお寺なのでした! 心強いこと限りなし♪
5-21-4f.jpg

本日の「道守」小林ご夫妻の骨折りで柳沢史跡保存会の会長のご協力もいただくことができました。左の女性はいつも実踏に同行取材してマップを作成してくれている「地域設計」のお二人です。
5-21-13f.jpg

右の男性は北杜市リトリートの杜の山木さん。マップつくりの事務局にして、実務の総元締めとでも申しましょうか。いろいろお世話になっております。
5-21-15f.jpg

なんだか今日は「関係者の紹介ブログ」のようになってきましたが、ま、それだけ、いろんな人々が関わってくださっている、ということなのであります。

それにしても武川米の故郷は美しいなあ
5-21-8f.jpg
特にこの季節の眺めは最高ですね
5-21-9f.jpg
どこにこれだけの水があったのだろう?
5-21-11f.jpg
しかも「水」は天下の「南アルプスの水」!♪
5-21-10f.jpg
これでお米がおいしくないわけがない。
5-21-14f.jpg
歩いているだけで心豊かになるニッポンの風景です。さぁ、たった半日の実踏ではありましたが、得るものは多かったと感じました。歩きながら皆で得たキーワードは「武川米」「柳沢吉保」「田園風景」「水の流れ」「南アルプス」などなどでした。これらをどのようにマップ作りに生かしていくか。

ランチを食べながら議論(*^^)v
5-21-16f.jpg

本日まとまらなかった部分はMLでやり取りをして決めていきます。
どのようなマップとなるか、ご期待下さい。
本日ご参加の皆様、お疲れ様でした&有難うございました。
楽しい一日でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

武川フットパス、行きたかったです…。
ところでフットパス学校って入会手続きとかいるんですか?

失礼しました野村さん、何かの手段でお知らせすべきでしたね。
入会手続きなど一切ありませんが、いつ開催されるか、というのはMLに入っていただかないと情報が手に入りません。私宛にメールをください。MLに加えさせていただきます。
これは募集イベントではなく、あくまで「下見」「勉強」「調査」「実踏」といった類のモノなので公開募集はしていません。が、自ら「歩くコースを開拓しよう」とか、「自分もガイドできる道を1本くらい持ってみよう」と前向きの方ならどなたも参加できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。