スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまなしの木をめぐるフットパスコース

6月15日は清里・八ヶ岳南麓魅力づくり協議会の月一実踏会でした。 清里のシンボルツリー「やまなしの木」を巡るマップを作ろうと、有志21名が集結しました♪
6-15-5f.jpg
ここは「まきば公園」です。
駐車場からこんな風景が見渡せる素敵な場所です
6-15-4f.jpg
羊・山羊・牛などを預かっている公園ですから伝染病原菌の侵入を防ぎます
皆様もご協力ください。
6-15-6f.jpg

さっそくシンボルツリーの「やまなしの木」が目に飛び込んできました
6-15-7f.jpg

牛の脱走を防ぐおもしろい形の柵をすり抜けると
6-15-9f.jpg

こんな場所にでます、キモチイイ~~イ♪
6-15-10f.jpg

牛さんものんびりしてます
6-15-11f.jpg

こういう環境だと話も弾み、アイデアも出ます
6-15-12f.jpg

良いマップ作りに1歳のハヤト君の新鮮なアイデアも参考にします。
6-15-14f.jpg
「ボクはさぁ、きれいなオネイさんと歩ければコースなんかどうでもイイと思うんだけど」なんて言ってるようでした。
6-15-1f.jpg
いや~、それにしても気持ちのイイ道です
やまなしの木があちこちに生えています。
「この木なんの木」ではないですが「あの木どんな木」と興味がわきます
6-15-17f.jpg
「こなし」という木もあるのです。やまなしの木の花が咲き終わった頃こなしの花が咲きます。きれいに咲いてますね。「あおなし」という木もあって「やまなし」との判別が難しいそうですが、その区別は学者さん達にお任せして、私たちは素直に「やまなしだ♪」といって喜んでいようと思います。
6-15-18f.jpg
6-15-19f.jpg
こなしは「ズミ」とも呼ばれるそうです。牧場の中の「ズミ」の咲く道。
いいですね~♪

というわけで
「まきば公園」を起点とした5km強の周遊コースが作れそうです。ちょっとダラダラ上りの続く道ですので、小さなお子様がいらっしゃる家族連れにはキツイかもしれません。静かに思索を楽しみながらのんびりと歩く道、つまり「大人の道」だと私は思いました。さぁ、どんなマップが完成するか、楽しみにしていてください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。