ひさびさの分杭峠

ひさしぶりに分杭峠にでかけた。国内屈指のパワースポットだ。
前夜はあるイベントで伊那の宿にお世話になり、大変楽しい時間を過ごした。
11-24-2k.jpg
宿の主人のはからいで「ざんざ節」なる民謡が保存会のみなさんによって披露された。
さらに
11-24-1k.jpg
自作の大型紙芝居を披露して下さる女性も都合をつけて来て下さった。「孝行猿」という地域の民話を紙芝居に仕立てて歌つきで公演。素晴らしい。
さらに
11-24-3k.jpg
シカ、イノシシ、などのジビエ料理が、柔らかく、臭くなく、美味に仕立てられ、ぞくぞく登場♪ 掛け値なし旨かった。
さらに、極めつけは
11-24-4k.jpg
カラスの肉(@_@;)
コンフィーというフランス料理の調理法で仕立てられた胸肉はローストビーフのような食感。さすがに「カラス」という偏見からか、競って食べるものでもないなと思われた。おかずの一品というより酒の肴でチビチビやるのがいい感じだ。
というわけで、前夜からのジビエパワーをたっぷりとった御一行様は翌朝、はりきって分杭峠にむかった。マイカーは途中まで。ここからは乗合バスでしか行けません。
ところで分杭峠はゼロ磁場で有名です。
ゼロ磁場って、どういうことなんでしょうね・・・
で、
バスの中で何が起こったかというと・・・
11-24-7k.jpg
スマホのコンパスが
一瞬下のようになったのです???
11-24-6k.jpg
二度、こういう現象が起きました・・・。
こういうのもゼロ磁場の影響なのでしょう
おそろしやおそろしや・・・。

さて、下の写真は、何をしているのでしょう。
11-24-10k.jpg
右の青いオバチャンから「パワー感知法」を教わっっているのです。
11-24-11k.jpg
うひゃ~、きてますきてます♪
そこにいた全員がゼロ磁場パワーを感じることが出来ました
大変珍しいことです。
私は何度もここにきていますが、お連れした全員が「感じた」なんてことはありませんでした。第一カンジンの私がいままで「感じなかった」のですから(^_^.)
すごいことです、オバチャンありがとう♪
さっそく
現場に行って試しています
11-24-5k.jpg
皆からヘンな目で見られていますが、確実に感じるにはこの方法が有効なのです。場所によってパワーが出ているところ、出ていないところがすぐ分かります。
11-23-3k
いや~、楽しかった。
しかし
今日の本当の楽しさは
このオジサンに出会ったことに尽きます
11-24-8k.jpg
私が神妙な顔つきでなにやら「施術(?)」を受けております
11-24-9k.jpg
愛ちゃんも餌食に・・・
で、結局その場に居た私達6名全員が
彼の摩訶不思議な施術を受けることになったのでした。
皆、一応の成果(変化?)があって、気持ちよくなったことは確かです。
いろいろと差し障りがあるといけないので、このオジサンのことは
これで終わりにしますが
ホントに不思議で奇妙な体験でした。
あ、施術は無料です。
一体あのオジサンは誰???

いつまでも私たちの頭に
???
が残るのでした・・・。
ま、でも今日は
パワーを手のひらで感じる技法を会得したので私も皆も大満足でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント