「鳥の不思議な生活」

先日図書館で借りて来た「鳥の不思議な生活」。今読んでいるのは「ムクドリ」編。ムクドリは何万羽と群れて複雑な編隊飛行を見せるので有名。ネット上の動画でもよくお目にかかる。この大群にはどうやらリーダーがいないらしい。時速50kmで飛ぶ個体が、何故ぶつかり合いもせず、群れて次々に美しい模様を空中に描き出せるのか。リーダーがいないとすれば、彼らを動かしているのは大いなる未知の力か? 
人間の軍隊が整列して地上を行進する場合、リーダーはいて、集団的移動はスムースだ。しかし行進が左右に曲る場合、列の内側の隊員はほとんど足踏みをしている一方、外側の隊員は大股で長い距離を急いで歩かなければならない。ムクドリ研究の学者達は、ムクドリにはこの動きが無いことを突き止めた。皆、同じ曲線を同じ速度で飛んでいる。従って、いつでも先頭としんがり、右側の鳥と左側の鳥、外側の鳥と内側の鳥が、入れ替わりながら大空を飛んでいる。だからこそ特定の個体が天敵に襲われることもなく、皆平等となって群れる意義も出てくる。もしある個体が群れの中でずっと前方あるいは常に端の方にいなければならないのなら、天敵に襲われる確率も増え、集団にとどまる動機がなくなるだろう、と述べている。
それにしても、この芸術的とさえいえる動きを、それぞれの個体はどのように受けて伝えて飛んでいるのだろうか、ということを、なんと物理学と統計学、つまりは数学的に解明しようと試み、ついには「量子力学」の理論で解明できるかもしれないというところまで突き止めたようなのである!。私には難しいのだが、英語力のある方はこちらを一読してほしい。
ちなみに、アメリカではムクドリは外来種なので保護されておらず、むしろ害鳥。アメリカで「アメリカで一番嫌われている鳥」と検索するとムクドリが出てくるのだそうだ。ゴキブリのようにはびこり、ウサギのように繁殖するので、羽の生えたネズミであるとさえ言われている。可哀そうに。
もう一つ面白いのは、「ムクドリは直近の七羽を見て飛ぶ方向を決定する」という理論。七という数字が大事で、どんなに大きな群れでもお互いが直近七羽を見て飛べば、群れは散り散りにならない、というのである!そして様々に研究が重ねられた結果、この七という数字は科学的有用性を超えて一般化され、さらには潜在意識への働きかけとしても有用であると認識されつつあるのだそうな。例えばパワーポイントによるプレゼンテーションでは、要点は一度に七つまでが望ましい、というような!?
面白い本です。
量子力学を使って磁性配向を説明する「ハイゼンベルク模型」という理論があるそうな((+_+)) 例えば鉄をある温度以下に冷やすと、自然に磁気を帯びる。臨界点以下で物質の中の電子がスピンの向きを揃えるのだ。自発磁化というらしい。この現象がムクドリの群れの内部の飛翔方向の調整で起きている、と物理学者は主張する。この方程式をつかえばムクドリの群れをうまく説明できるというのです。
う~む。地球上でもっとも自然発生的で美しい群れの表現の下にも、物理学が横たわっているのだろうか。その答えは、数学は発見されたと信じるか、発明されたと信じるかによる。それが普遍的な力で、この世界のあらゆる運動を支配しているのか、それとも理論は人間の脳が押し付けたものなのかに。歴史上、哲学者たちはあらゆる情熱を傾けてこの問題に煩悶してきたし、今も議論は続いている。
と、結んでいる。
4月の雪の日の暇つぶしに読んだ一遍でした。
ムクドリ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント