廃仏毀釈の誤解

先日比叡山延暦寺に行ってきた。その折、麓に日吉大社というのがあって、ついでにお参りしてきたが、これは「ついでに」なんて言ってはモッタイナイので、なんと全国の日吉神社、山王神社、日枝神社の総本宮だったのでした<(_ _)> 2100年前の創祀だそうです。
ここで権禰宜さんから目からウロコ、耳からオヒレ?の話を伺った。ぜひ皆さんにも聞いて頂きたく。
皆様、廃仏毀釈運動というのをご存知ですね。明治になって各地でさかんにお地蔵様の首がはねられたりして、仏教と仏教を象徴する建造物などが排斥された運動です。いくら名実ともに天皇が一番エライことになったと言っても、明治政府はバカなことしたもんだなあと、思っていませんか?私は思っていました。
ところが、事実はやっぱり聞いて見ないと分からない。皆さん、明治政府は決してそんな指示命令を出していないのでした。明治以前の日本は「神仏習合」といって、神も仏も平等でした。神社の境内に五重塔があったりして、さすが八百万の神日本、という状況が全く普通でした。で、明治になり天皇が一番エラクなった時に、政府が出したのは「神仏分離令」でした。ここが肝心です、あくまで「神仏を分離して祀りなさい」という政令で、「仏教を排除すべし」という意味合いは全くありませんでした。ところが、ここ日吉大社は、比叡山延暦寺の親戚のような神社です、昔信長と戦った僧兵がいましたね。そういう「荒っぽい風潮」というものが残っていたのか、境内の五重塔やら仏像やらを破損・廃棄という荒業にでたのです。神社の総本山のようなところがそんなコトをやったものだから、全国の神社系寺院では、一斉に五重塔を焼き払い、仏像を破壊し始めました。この時の破壊のものすごさは、後の学者たちに「もしあの時そんな運動がなかったら、日本の国宝や重要文化財は現在の3倍は残っていただろう」と言わしめたほどです。末端では小僧や庶民までもが地蔵様の首をはねたりする始末でした。政府から調べにくるのではねない訳にはいかなかった事情もありました。
そんな「運動」がここ日吉大社から始まってしまって、今でも本当に申し訳なく思っているのです、と150年前の出来事を我が身の恥じのようにおっしゃる権禰宜さんの言葉は誠実で、「ですので、皆様も是非今日私から聞いた話を、機会あるごとに周囲の方々にお伝えくだされば、大変嬉しいです。是非この件で明治政府が憎まれるという誤解を解いてください」と熱心におっしゃるので、ここに書きました。いや~、ほんとうに思い込みってのはあるもんですねえ。まるっきり誤解してましたから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント