FC2ブログ

花の山 緑の山 白い嶺

入笠山にちょっとおでかけ。
昨日は遠路はるばる湘南藤沢ウオーキング協会の方々が入笠山の下見に来られた。6月に80名で入笠湿原のすずらんを目当てにウオーキングの例会を行なうのです。今日はルートと時間の確認を、八ヶ岳歩こう会の精鋭(?)5名と行なったのでした。いや~喜ばれたこと♪。今は丁度端境期で花こそ咲いていませんでしたが新緑の美しさに皆から感嘆の声があがりっぱなし。新緑の山というのは本当にいいですね~。なまじ花が無いだけに落ち着いて緑を楽しむことができる、なんて負け惜しみに聞こえそうな言葉を吐きながら歩きましたが、これがちっとも負け惜しみではなくて、ホントに緑に染まりながら癒されながら歩いたのでした。「千の風になって」という歌に「秋には光になって畑にふりそそぐ」という歌詞がありますが、私の頭の中に「初夏には緑になって木の葉に舞い降りる」という歌詞が浮かんでしまったのです。そのくらい緑の濃淡が目にしみて体にも染みたのです。あの緑の美しさは神の意思であるとしか思えません。
ところで入笠山は「花の山」として知られ、春には水芭蕉もザゼンソウも咲いて見事。夏には高山植物が咲き乱れ、花が無いと思われている6月こそ本領発揮。72万株のスズランを中心としてレンゲツツジ、クリンソウ、コナシ、ベニバナイチヤクソウ等など枚挙にいとまがありません。車で頂上近くまで行けるのですが、スズラン開花時期はマイカー規制をしています。その時期だけでなんと1万人近くの入山者があるのだそうです。ただ、ゴンドラを利用すれば20分もかからないでその場所まで行けるのでご安心下さい。本当にどなたにもお薦めの「花の山」ですよ。
しかしあえて書けば、スズランの時期にこだわらず、「なんとなく自然のなかでホッとしたいなあ」と思われた時にいつでもお出かけ下さい。花の山も緑の山も、等しく美しく感動と癒しの山です。冬のスノーシューエリアとしても定番中の定番です。真っ青な空に冠雪のアルプスがグルリと浮かぶ頂上からの360度のパノラマ展望は「感動」以外の言葉がありません。
ってなんだか今日は富士見町観光協会から金を貰っているのではないかというような記事を書いてますが、金は貰ってません。良いものは良いのです。
入笠
先日の棒道ウオーキング大会の時もスタッフが参加者に「こんないい所に1年中住んでいるのですか、うらやまし~」と言われたとか。グフフ、その通りなんですねぇ皆様、「そんないい所に私達は住んじゃっている」のですよ♪
入笠2

いつでもおすそ分けしますので、お運びくださいな。ご案内いたしますです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

うちの入笠山スノーシューの記事をトラックバックしようと思ったのですが、うまく送れなかったようでした・・・?

ホント、いいところに住んじゃっています♪

http://kazemiti.exblog.jp/d2007-02-21

なあにそれ?

トラックバックってなんですか?

ふっふっふ・・・
わたしもちょっと前までは
トラックバックってナンですか?組でした。

送れていれば「こういうことですよ」と言えたんだけど。
こちらからリンクを貼るようなものかなぁ・・・?