FC2ブログ

世の中に絶えてお神酒のなかりせば・・・

宴会や飲み会の報告は「重要会議」のカテゴリーにいれることにしていますのであしからず。
本日の「重要会議」はやつねっと。律儀に毎月一回の無料メルマガを発行し続けてもう10年たつのだから、その編集会議をかねた新年会の日記は「重要会議」と称する資格はあろうというものだハハハ、と言い訳から書き始めるところが酒飲みの弱さかな(^^;;)
1-8yatunet.jpg
新年だからといって新年会ネタが続くというのはどうもベタでいけませんが、お許しを。
しかしまあなんですな、外で酒を飲むということが難しくなってまいりまして、送迎バスを出してくれるところでないと会場選びの対象になりません。今日などはたった8名の宴会のために長坂と野辺山を廻って拾ってくれるという会場を探して宴会を決行。大泉の会場ですが、会費@×¥3000というのを考えてみると、送迎込みじゃ運賃にもならないんじゃないかという心苦しさ。飲む方も飲ませる方もお互い苦しい中でやっております。
そんななか、注目の裁判の判決がでましたね。例の福岡の飲酒運転事故ですが、懲役7年というのは一体どういうコト? 人を3人殺しておいて、普通それだけで懲役15年くらいはいくんじゃないの? 酔っ払ってケンカしてヒトを3人も殺したら多分無期懲役だ。 それが酔っ払い運転の場合は7年だ。もし誰かヒトを殺したくなったら酔っ払って車で轢き殺せば罪は軽くなるってことか?
我々がこんなんに(ってエバルほどのことじゃありませんが)苦労して車を使わないで飲もうとし、お店のほうもほとんど赤字で送迎をして営業をがんばっているのに、酔っ払ってヒトを3人轢き殺しても懲役7年ですよなんて裁判でいわれちゃあ、あーた、頑張っている人たちに顔向けできやせんぜ。
飲酒運転は絶対に取り返しがつかないコトになる、っと断固とした態度を見せないでドースルのか・・・って、2年くらい前の私だったら絶対いわないけど。その私が書くくらいだから世の中変わったぜっての(たけし調)。
この判決を出した裁判官は現行の法律の枠組みはよく読めたのかもしれないけど
いわゆるKYとしか言いようが無いですね。
それになんだって?「狭い路地を接触しないで走っていたから酩酊ではない」だと。アホですね~。2年以前の私の酩酊運転を見せたい(ってだんだん自爆になってきた)、よぱらったって8割がたはちゃんと運転できるのよ、記憶がなくったってちゃんと家まで帰っているんだから(ってこれ以上書くと危険)。最後の1割か2割のところで大事故につながるバカをしでかすから酔っ払い運転は危険なのです。
この裁判官はきっとマジメなヒトで昔から絶対酔っ払い運転なんかしていないんですね(あたりまえか)、だから理不尽なことを平気で言える。かつて酔っ払い運転をしていた私としては「狭い路地を接触しないで走っていたから酩酊ではない」なんていう理由は断じてなりたたないとハッキリもうしあげます。
あれ?今日の日記のテーマはなんだ?
なんだか酔っ払って危険なことを書いているのでもう寝ます。
今後は「酒酔い日記つけ」も禁止としておかなくちゃ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

裁判官

 まもなく裁判員制度が始まるという時期に、世間一般の思いとは大きく違う判決というのは、ちょっと違うのではないか?と、私はニュースを見て思いました。今後、高裁や最高裁まで戦った場合、両者がどのような判決を下すかが、興味深いところです。
 ただ裁判官も深く考えて悩んだに違いありません。きっと個人的には・・・。そういえば以前、死刑の判決を下した裁判官が、法廷で泣きながら読み上げたというニュースがあって、注目を集めました。裁判官という仕事も大変なんだなあ、とその時にテレビ見ながら思ったのを覚えています。
 生意気を言って、すみません。

こんにちは。全く同感であります。被告は卑劣にも被害者を救助すること無く逃げ、大量にみずを飲む、友人に身代わりを依頼すると言う隠蔽を図りました。これだけで「危険運転致死罪」に相当すと思います。
 我々は飲酒運転は絶対にしないと誓いましょう。

 私も昨日今日と自身のブログでこの事を書きました。TBは控えさせて頂きますがご容赦下さい。私のブログも見て頂けたら幸いです。
 

本当に同感です。
私は、法律についてまったくの素人ですが法律が、法理とうゆう考え方でできていることが一番大きいのでしょうね。
ごめんなさい法理とうゆうことばの意味を良く知らないで使っています。

三人の殺人を犯した人の量刑なら間違いなく少なくても無期懲役でしょう。
故意でなかった。とか自動車運転とゆう業務上の過失だからとか。
この点は、たとえば列車事故や航空機事故の場合と同じような考え方の延長線上にあるからだと思います。

飲酒運転は、殺人と同じとゆう考え方を確認しないと進まないと思います。

危険運転罪についても、飲酒運転の場合にひき逃げのほうが、量刑が軽いと弱点が明確になったことで創設されたと聞いているので。

やはり、刑法も行政の考えていることが一市民の感覚と離れていると痛感しました。


けーたさん書き込みありがとうございます
裁判官という仕事は確かに大変だと思います
いつも思うのですが、一つの事件をどうして一人の裁判官であつかうのでしょうかね・・・
複数で担当して合議制ですすめることはできないのでしょうか。
裁判官も普通の人間ですから勘違いもあり思い違いもあり得意分野もありニガテなこともあるだろうと思うのですが、今の制度だと一人の裁判官が全く神様と同じ位置にいますね。
なんだかおかしいと感じます・・・。

tosiさん、書き込みありがとうございます
そうですね、せめて私達にできることは
飲酒運転は絶対にしない、と誓い、実行することですね。
あとでブログに立寄らせていただきます。

san,sanさん、書き込みありがとうございます
司法はここで一歩踏み込んで欲しかったです。
三権分立とはいいますがやはり司法は一番下のようです。
立法府の決めた法の範囲を逸脱しようとしない。
確かに、そうカンタンに逸脱してもらっても困りますが
立法が時代においついていないのなら
司法の側から何か提案すべきではないのだろうか。
一体司法の持つ違憲立法審査権とはなんでしょう
今まで使われたことがあるのだろうか。