FC2ブログ

入笠山

本日は「RAKUDAの会」の方々とスノーシュー。なんで「らくだ」なんですか?と聞いたところ「らくなとこしか行かないから」というまるで直球勝負のオヤジギャクな返事が帰って来た。うれしいなぁ~、そういう感覚大好きデス 旗まで作っちゃうんですから、かなり真剣に遊んでます♪
rakuda1.jpg
↑この方々がそうです。
「HAKONE]という旗を持った方々もいて、これもまた素直に「箱根近辺をホームゲレンデとして歩いている会だから」というストレートなネーミングでありました。
「RAKUDA」はちょっとキツイ「HAKONE」から分かれて「らくな山歩き」をしているグループだから、もとは一つなのだとか・・・。
なんだかよく分からないが、皆さん楽しい方々ばかりであるのは確か。
rakuda2.jpg
私の大好きな入笠山頂上直下の急登。1歩ごとに目で感じる「高度感」がたまらなくウレシイ。初めてスノーシューを履いた人にはちょっと手ごわい斜面なので、皆下ばかり向いて格闘している。
rakuda3.jpg
2回ほど途中で休憩して後ろを振り向くと疲れも吹っ飛ぶのです。
それにしても、本日はお孫さんもいらっしゃる年齢のヒトも多かったが、いやはや元気。そりゃそうだ、この寒いのにワザワザスノーシューをしに来ようというんだから、皆元気なハズだ。元気じゃないヒトはこんなところまで来ようとしない。
たっぷり遊んで、黄粉餅も山菜そばもたべて、予定時間をオーバーして帰路についた。帰りは小淵沢から高速バスだというので、コンビニに寄ってお酒とおつまみをたっぷり買い込んだ。「これでバスに乗れる体制が整ったわ」とおっしゃる方々、寝て帰るつもりはないらしい。今日は「らくだ」ではなかったはずなんですが一体いつまで「元気」なのでしょう♪ またご一緒しましょうね~。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

いろいろありがとうございました。
みなさん大満足だったようです。
この反省会(=重要会議)もしなければいけません♪

重要会議といえば、いうまでもありません。第2回目の準備会を兼ねて、pで開催したいと思っています。「タメタメ」と言われないように、会議参加者も厳選しないとね・・・・・。いろいろ、ほんとうにありがとうございました。友人からも繰り返しお礼の電話をもらいました。「お礼」が第1、第2が準備会の打ち合わせ、ということで。

入笠山に会社の人のログハウスがあって、そこに泊まってきのこ狩りをした思い出があります。

山小屋のご主人に毒キノコを選別してもらって・・・

でも雪の入笠山は手ごわいのでは・・?

肉田さん、お久しぶりです
乗ってますか?
是非雪の山にも足を向けてくださいな。
ところで山は
入笠山に限らず、低山なら冬山の方がはるかに間単に上れます。
というのは、雪のおかげでやっかいな階段もゴツゴツ岩も隠れて平らになり
自分の歩幅で歩けるからです。
冬山というと恐ろしいイメージがありますが
入笠山、飯盛山クラスなら初心者でもカンタンに上れます。是非一度お試しを!