FC2ブログ

現代富士講考

2/19~20
富士吉田市が主催する「現代富士講」モニターツアーに参加してまいりました。
富士吉田市の昔は全国から講を組織して富士登山をする「富士講」の方々が訪れ、夏の間は大変盛ったそうです。特に江戸は八百八町、八百八講というくらいに盛んで、泊まる宿ばかりでなく泊まる部屋まで決まっていたという具合で、町内で争って富士登山にきたということです。講社の泊まる宿の主人は馬方や強力などの手配、登山案内から清め祓いまで一切を取り仕切り「おし(御師)」と呼ばれていました。富士吉田登山口の左右にずらりと御師の家(宿坊)が並んで、富士吉田は活気溢れる町であったそうです。
スバルライン開通によって富士登山が信仰からレジャーと変わり、5合目から下はまったく寂れてしまいました。御師の家も次々に廃業され、現在ではわずか3軒が学生の合宿などを相手に営業を続けているにに過ぎません。
しかし御師の家に入ってみると家具調度から神棚・家のつくり・登山資料などなど、その歴史的価値・資料的価値の見事さに思わず息を呑みます。これらがそのままお蔵入り或いは分散してしまってはもったいないと始められた「富士吉田を見直すツアー」が、この「現代富士講ツアー」だったという訳です。

2-19-1.jpg
富士吉田駅に三々五々集まる参加者。
行衣(ぎょうい)に金剛杖を渡され、仕度に力が入っています。これに菅笠があれば万全なのですが、ちょっとジャマですね、無くてよかった。
2-19-3.jpg
今回はモニターツアーということで主催者の方も始めての経験。
多くの民間スタッフが関わって官民一体となり盛上げようとしている。
参加者20名にスタッフ20名と感じられるくらいのマンツーマンツアーだった
2-19-2.jpg
夜の交流会も盛り上がったことは言うまでもありません♪
2-19-4.jpg
翌日もスタッフが沢山いて、あれこれと動き回っています。浅間神社の説明をうけ、ここから登山道が続いていることなどを聞きます。去年お世話になったエコツアーの主催者も何人かいて、「オ、ガンバッテいるな」という感じ。私個人は八ヶ岳南麓のエコツアーをスタートさせるにあたっての勉強会のつもりで参加したが、大いに啓発された。大切なことはやっぱり「官民一体となること」そして「景観」。富士吉田の町は残念ながらあまりにも無秩序に建物が連なり、「もう一度見に行こう」という景観ではなかった。富士講の歴史的意義や遺産はもう一度味わいに行ってもいいかなと思うが、全体的には「景観に配慮がなく残念」という印象だった。
そして大切なことのもう一つは「人」。これに尽きる。せっかく「見るべき資源」があってもガイドの説明なしでは分からないことも多い。また「ガイドの説明」如何で美しくない景観もカバーできることもある。このたびのガイドさんたちは皆熱心で対象物を心から愛していることまで伝わり、好感がもてた。これで富士吉田の好感度が相当UPした。
そんなことを考えながら、さてわが市ではどうすべきか・・・と悩みつつ帰途のバスに乗ったのでございます。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

おや。私も19日に富士吉田におりました。
ニアミスですな。
吉田うどん食べましたか?

食べました(食べさせられました)
「はなや」といううどん屋で、数的の醤油をたらして食べるシンプルな「湯もり」という食べ方でした。これは私の好みではありませんでした・・・。