FC2ブログ

光熱費節約するには

高2の娘が帰ってくると家が暗くなる。彼女は無類の電源オフ女なのだ。
当然といえばそれまでだが、家の中で使っていない部屋の明かりは消すべきだ。
が、なかなかそうはいかない。使っている部屋と繋がっている廊下や、広い部屋の中で使っていない方の細かな照明、あるいは食堂と繋がっているカウンター内の照明などなど、ペンションという建物はその設計上「消すべきかどうかちょっとあやふやな照明」も多い。が、彼女にとってはすべて「消すべき照明」らしい。直接その光の恩恵を受けていない照明など遠慮なくバチバチ消すものだ、という理論である。当然テレビのつけっぱなしなんてもってのほか。トイレの明りが点いたままだと「だれ、どうしてついたままなの?」と追求される。
夕食時「ごはんですよ~」と呼ばれて2Fから降りてくる途中、あちこちのスイッチをバシバシ消しながら来て席につく。これはもう彼女のクセの一つになっている。無意識にやっているので大変良いことだと思う。しかしうっかりトイレに入っていると外から消されて真っ暗になってしまうので、娘の降りてこない時間を計算してトイレに入らなければならないのでメンドーだ。
そのわりに彼女は照明も暖房もつけっぱなしで勉強中机につっぷして朝まで寝てしまうというボケもかましてヘーキなところが愉快である。
かみさんは最近「待機電力」というものに目覚めて、使っていない電気製品のコンセントを抜いて歩いている。客室にテレビと冷蔵庫があるが、お客様のいない日は当然このコンセントを抜いておく。電気スタンドのコンセントまで抜いている・・・。お客様のある日は大変だ。全てのコンセントを確認しなければならない。確かにオフシーズン全く使わない部屋もあるので、その待機電力を節約するのは良いことなので文句は無い。そのわりにかみさんは昼間からテレビを見てノンビリしている時間が多いので、節約した待機電力の数倍電力を使ってはおりませんか?と言いたいところだが怒られるので黙っている。
ところでこの冬けっこう寒かったが、我々の寝室に暖房を入れたのは1~2回しかなかった。
湯たんぽが大活躍したからだ。部屋が寒くても湯たんぽで充分暖かく眠れることがあらためて分かった。暖房だと喉を痛めたりするが、湯たんぽはそんなこともなく快適だ。皆様にも是非お薦めしたい。暖房費の節約という以上に、何か「温かみのある」「懐かしい記憶」が感じられて快適だ。来年からはお客様にもサービスしようかと本気で考えている。
そんなこんなで我家は各自自分の思いついた方法で省エネをやっているが、夜遅くまで起きている私のせいで灯油代が結構かかっていることが判明・・・。今日ももう2時だ。すみませんねえ家族の皆様、皆様の努力を私が一人で無にしているようであります・・・。
明日から早く寝ます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

湯たんぽ、これうちも検討しよう!
これと、電源を使わないストーブ。(上にやかんをのせられるやつ)
これでお湯をわかすと、乾燥も防げるし。

 ウチもこの冬、電機敷毛布から湯たんぽへ切り替えたところ、効果覿面で、月末の請求額が減りました。ありがたい事です。
 しかし、三人分の湯たんぽともなると、寝るタイミングを計り、湯が沸くようにするのもそれなりに手間ですやね。うっかりやかんを空だきしてしまったりとか。

風路さん、湯たんぽお薦めです。
東北の方のある温泉旅館ではお客様に好きな湯たんぽを選んでもらっておるそうです。あえて部屋の暖房をつけず「湯たんぽ体験」として売り出し、省エネと一石二鳥で評判だとか・・・。
これに廃油のキャンドルなんかを風呂場にでも置いておけば完璧ですね。
来年は皆でやりましょう。
「廃油キャンドルと湯たんぽの宿」・・・ってあんまり来そうにないか・・・?

hanetakuさん、今晩は。
そうなんです
お湯を沸かして湯たんぽにいれる作業が案外面倒です。
2階からわざわざ降ろしてこなきゃならないし、大きな湯たんぽだと何回も
沸かさなければならないし・・・。
なんだか今年は小さめだけどあったかいのが流行ったそうな。
しかも低温やけどしないような工夫もしてるとか?
来年はちょっとおしゃれな湯たんぽにする予定です