FC2ブログ

光の配列を組み替える

「ヒトは何から出来ているかといいますと」
と、そのヒトは言うのです
「光から出来ているのです」
ふむふむ。私もそう思っているので納得。
光とは電磁波の一種で「波動」と「粒子」の二重性を持っています(ウィキペディア)。これは常識。
光の粒子すなはち「光子」はアインシュタインによって物質であることが証明されています。
物質の最小単位である中間子やニュートリノなど、普段手に取ることのできない素粒子も物質とされています。光子もそのうちの一つであると考えられます。
そうすると、私達の肉体を構成するおおもとの「物質」は光であると言ってもあながち間違いではありません。
私達は死ぬと光に帰っていくのです。
しかし、まだ死んではいけません。生きている間は「より良く生きよう」としなければいけません。ではどうすればより良く生きられるのでしょうか。
「光の組み換えをすればよいのです」
と、そのヒトは言うのです。
ふむふむ。しかしそれは難しそうだなあ。
「遺伝子組み換えなどということが行なわれているが、間違っています。光を組み替えなければ良いものは生まれません」
と、そのヒトは続けました。
ふむふむ、なんとなく分かる気もする自分がこわい・・・。

そんな会話を延々と久しぶりに楽しんだ夜となった。
そのヒトはこれから1週間近くの某所にこもって「光の配列を変えるための修行」をするのだと言った。
なんだ、ウチに泊まってくれるのは今日だけか、と嘆いたら「貴方がいると分かっていれば、ずっとこちらに泊まる手配をしたのに」とそのヒトも残念がってくれた。

どうやって組み替えるのかは、そのヒトにも詳しくは教えられていないらしい。これから1週間が「試練」なのだ。

試練が終わったらまた来てくれると約束してくれたので、この話の続きはその後で。

人生ってなんて楽しいのだろうか♪
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント