FC2ブログ

美しい日本の道

「美しい日本の歩きたくなる道500」というウオーキングコースがあります。国交省と日本ウオーキング協会が選定しました。全国で500コース、各県に平均10コースあります。八ヶ岳南麓には昨日紹介した「信玄棒道」と本日紹介する清里の「開拓の道」の二つがあるのです。
清里には開拓の父とも母とも言える恩人が2人います。ポールラッシュ安池興男です。「開拓の道」はこの2人の業績の跡を訪ねて歩くのですが、私が案内するときは2人の内比較的知られていない安池興男さんの事績を中心に歩きます。ポールラッシュについては語るヒトも多いのですが、安池さんのことについて語るヒトは少ないからです。
来週大勢を案内する予定があるので、本日下見をしてきましたが、うれしいことがありました。

5-8-2.jpg
いつの間にかコース沿いの住民の方々が、こんな看板を建ててくれていたのです。
裏には「安池興男 開拓の道」と書かれています。
いや~、年中歩いているんですが、気がつかなかったなぁ。
私はこのコースの「道守」という役をおおせつかっているので、大変うれしいです。
看板の下に「八ヶ岳班」という文字が見えますが、清里には「朝日が丘班」やら「八ヶ岳班」やらという名称の「町内会」のような組織があります。地域の住民が地域を良くしようという活動が他の地域より盛んです。
5-8-3.jpg
こんな「ポケットパーク」も八ヶ岳班で作っています。コース沿いにある休憩所の役割もしています。
歴史ある道を地域の皆さんが大切にしていこうという意気込みが伝わってきます。
「美しい道」は地域の住民が世話してさらに「美しく」なっていきます。
5-8-1.jpg
この草原の真ん中を山に向かって歩いていきます。
何度歩いても感動の道です。
あ~、はやくご案内したい。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント