FC2ブログ

夜河を渡る

ダイエットに一番よくない方法は「夜モノを口にする」ことですね。特にミニ断食と称して「朝食抜きダイエット」を実践している私にとって夜胃袋の中に何かを入れるのはミニ断食の意味が無い・・・。
「朝食抜きダイエット」というのは一日の内朝を抜けば15時間~18時間のミニ断食ができるということに主眼があります。ミニ断食の効能は様々にあるのですが、ま、それは置いといて、ミニ断食をしている私の最近のヒミツはこの時簡(深夜零時を回ったあたり)にワイン(グラスワイン)とバケット(フランスパン一切れ)を楽しむことなのです。カロリー計算表で割り出すと多分250キロカロリーくらい。ご飯茶碗1杯分より若干多いという分量だから、まぁ、やばいデス。これでミニ断食といえるのかといえば多いに疑問。
だが、不思議や不思議、私の体重はキチンと(スローペースではありますが)減って行く傾向にあるのです♪ もっとも1kgをめぐる攻防だから見た目には全く変りません。しかし、体重計に乗るたびに誤差のブレがだんだんマイナス方向にぶれていくのですねぇ~♪
とはいえ、あんまり真剣にダイエットしてないのがバレちゃいましたが、私としては、一つの河を渡っているつもりなんです。上杉謙信は鞭声粛々と河を渡り、カエサルは「賽は投げられた」と発してルビコン河を渡りました。私は「ま、いいか」と決意(?)して夜ワインを楽しむ。ワインの河とでも申しましょうか これで私のダイエットは成功するか?ちょっと試してみようというワケです。むふふ、こういう都合のいい河なら渡ってみたいでしょっ。
私の酒飲みの友人が「酒をやめることなくダイエットに成功した」というのであります。確かに彼は一目でダイエット成功者だと分かる体型となりました。しかしズッと見張っていたわけじゃないから「酒はやめなかった」という言葉の真偽は確かめようがない。でもですね~同じ酒飲みの私としては、実に美しく響くのですよ「酒をやめることなくダイエットに成功した」という言葉は♪ で、私もそれを信じてワインなど飲んじゃっているワケなんですね、こんな時簡に
題して(って、題する必要もないんですけど)「午前零時のワイン河」を渡るダイエット作戦。又は「アルコール量を減らさないメタボ退治」作戦。我ながらアホで無意味で勝ち目がない作戦ですが、どうなりますやら・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント