FC2ブログ

カッコウの初音

昨日あたりから「緑が濃くなってきたなぁ」と感じていたら今朝カッコウの初音を確認した。「あ~今年も初夏がきた」としみじみ思う。「しみじみ」なんだけど「さわやか」という不思議な気分を味わう。カッコウの声を聞くと「高原」「草原」「牧場」「湖畔」という当地に実在する風光明媚な場所のあちこちが眼に浮かび、ここに住んでいる幸せを実感することができるのです。しみじみとさわやかな幸福感です。しかし残念ながら今年の初鳴きはトイレの中で聞いてしまったのでちっともしみじみでもなく爽やかでもなくてちょっと残念だったグヤジ・・・

思うに四季の移ろいを感じさせてくれる自然の便りは、眼から感じるものや皮膚で感じるものが多いが、鳥の初音は「耳」で感じさせてくれるので、唐突に出合った感じが感動を増すのかもしれない。トイレでカッコウなんて唐突の最たるものですな。まそれも「当地だからこそ」と喜ぶことにしませうか。

初音とは鶯と時鳥についてだけ言うそうですが、カッコウも仲間に入れてくりょウ、時鳥の仲間だし。「鳴声」といえば田に水が張られるとすぐにカエルの声も耳に入るが、私はなぜか蛙の声にはあまり「感動」を感じない。古来「春の花」「夏の時鳥」「秋の月」「冬の雪」が四季を代表する日本古来の情景ですが、残念ながら「蛙」は漏れているのです。「初蛙」という季語もあるのにね、残念でした。
そろそろ田植えが始まり、しばらくすると蛍の季節となりますね。蛍は明らかに「夏」の使者。「桜」は日本中が大騒ぎするがカッコウも蛍もあまり大騒ぎしないのでウレシイ。山には緑が裾から這い上がってき始めたし、梅雨をはさんで季節がゆるやかに移ろっていくのを、静かに味わうことができる季節とはなりましたよ、皆様。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

いいですね~。
トイレでもどこでも、とにかくうらやましいです。



ポッポ様、ありがとうございます。
確かにトイレでもどこでもカッコウの鳴声を聞くことができるなんて
素晴らしいことですよね・・・
皆さんに聞いていただきたいくらい爽やかな声です。