FC2ブログ

それってホント?

本日お客様と話をしていてあやうくイスから転げ落ちそうになった。
その方は「八ヶ岳の方に行ってのんびりしたい」と思ってネット検索をしたそうだ。「八ヶ岳 ペンション」と入力して検索し、ズラ~ッと出てきた名前の中から、何故かペアハットを最初にクリックしてくれたのです、有難いですね~。で、まぁHPを見たらなんとなく気に入ったが、一応他もあたってみようと一端閉じて次のペンションを見ようとしたのですね、そうしたら何故かマウスがいうことを聞かない。どうしてもペアハットのところしか開かなくなってしまったんです、と言うのです!? ん?それってどういうこと? 何度やってもそうなので「これでいいのですか」と神さまにお伺いをたてたところ、「そこに泊まれ」とおっしゃるのでここに決めたんです、なんて言うのであります!?!?!? 
え~~っ、と私がイスから転げ落ちそうになったのは、それと同じことを言ったお客様が前にもいたからです。この日記でも報告した「大地を浄化する人」のことです。まさかそんな理由で我がペンションを選んでくれたヒトが2人も現われるなんて、と驚いたのです。お2人とも文明の利器のPCを使って検索したにも関わらず、ペアハットしか出てこなかった、というのですよ? 「まさか」ですよね~。で、2人とも神様にきいたら「そこでいい」といわれた、とおっしゃるのですよ? 全く同じことを言うのですよ? もはや「それってホント?」とイスから転げ落ちるしかありません。
さて、その方は気功師でした。首筋をもみつつ気を送るのですが、その時指の先で相手の体の細胞一つ一つに記録されているその人の過去の情報を読み取ることができるというのです。ふ~ん、じゃやってもらいましょう、ということでやってもらったら、かなり痛くて今度こそホントにイスから転げ落ちそうになってしまいました。「痛い」のはそこに今まで貴方が受けた他人からの嫉妬心などの想念がかたまっているからです。とおっしゃる。え~、私はヒトから嫉妬をうけるようなそんな生活してないよなあと思い、「どんな嫉妬心ですか?」と聞いてみたら「お気楽に生活していやがって羨ましいよな~あいつ、というような種類です」といわれてひっくりかえって大笑いしながらあわててイスを押さえました。だって私は絶対ヒトからそう思われています。おそらくそれは間違いない事実です。しかし一体何故初対面の彼女(その気功師は女性です)にそんな私の生活ぶりが分かるのだろうか? ホントに細胞に刻まれた何かを読み取っているのだろうか。それとも私って初対面のヒトにも「お気楽そうに暮らしている」のが分かってしまうくらいノンキな顔をしているのだろうか。
テレビでよく見る人気者や成功したヒトも、ほとんど他人からのそういった想念や邪心をうけて、血の流れが滞っていたりしています、というじゃありませんか・・・。 うひゃ~・・・。どうしたらいいの?って別にちっとも深刻に受け止めてはいませんが、面白いのでまた明日も観てもらおっと。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント