FC2ブログ

風景街道

国交省のプロジェクトに「風景街道」というのがあって、八ヶ岳からも参加している。
まだ生まれたばかりのプロジェクトだが、参加している八ヶ岳の8つの団体は「やる気」で毎月1回のミーティングに集まり、国交省の「やる気」をいまや遅しと待っている。国交省は「やる気」がないというのではなく、どう運営するかの詳細について検討不足のうちにプロジェクトを発足させてしまったようなのだ。「やる気」はあるのだが方針が決まらないので、会議に参加してくれる国や県の職員の方々は思ったことを口にだせず歯がゆい感じが伝わる。歯がゆいのはこちらもそうなので、お互い歯がゆがってもう1年が経った。
今日はその会議。多少前進したような話が聞けたのがやや明るい材料。私の担当は「赤道」という昔使われていたが今は地図にも載らない「法定外道路」の復活という仕事。面白い仕事なんだが、一体なんですか「法定外道路」って?・・。八ヶ岳にフットパスを、という私の夢を実現するための1歩でもあるのでやりがいはあるが、まったくお役所用語というのは面妖このうえない。
ま、しかしこの一年顔を合わせてきたおかげか、この件でパートナーを組む北杜市の職員の方も「やる気」を見せてくれるようになったので心強い。やっぱり同じテーブルについて同じ目的を持って話し合っていれば、だんだん通じ合うものも出てくるという訳ですね。
国がもたもたしている間に市と民間で実績を作っておけば予算もつくだろうと狸算承知で取り組んでみることとなった。フットパスのようにどこまでも細く長く複雑に絡み合ったロングウエイを歩く如くである。楽しみながら歩こう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お疲れ様でした

ゆっくりですが少しずつ前進しているのが分かるようになってきましたね。
風景街道ブログの方に今回の例会の様子を簡単にアップしました。
トラックバックさせていただこうと思ったら、エラーで送れないみたい・・残念。