FC2ブログ

久々に心躍る本

まだ読了していないというのに皆に紹介しちゃっていいの?
だから「おっちょこちょいではやとちりで100年で生まれ変わっちゃうんだ」と
いわれそう。
久しぶりに興奮しながら読んでいる本だが、独り占めはもったいない。
皆に紹介しなくちゃ。

●「京都時習堂」~幕末の蘭医 広瀬元恭の生涯~
アーカイブス出版 ¥1900 著書 鬼丸智彦

主人公「広瀬元恭」は幕末の甲州に現われた蘭学医。
京都で蘭学塾を開き開国と近代化を主張し
才能を多方面に開花させガリレオのようなマルチスペシャリストです。

物語の前半は緒方洪庵、高野長英、渡邊崋山なども出てくる修行時代。
後半はジェンナーの種痘法を日本に始めて取り入れ、京都で猛威を振るう疱瘡の
治療法普及に成功させたり、動乱の幕末にあって小栗上野介に「国債の発行」や「牧牛の奨励」などを提言したり、日本初の物理学書「理学提要」等の著作を次々に発表したりする活躍を描く(だろうと思われます、まだそこまで読んでません(^^ゞ)力作です。

彼の門下には
「先生、フランスで妙なものを見ました。戦争で敵味方無く負傷者を助ける団体があるんです」と感激して日本赤十字の創始者となった佐野常民や
当時カラクリ儀右衛門と呼ばれ、今では東洋のエジソンと呼ばれる東芝の創業者田中久重などがいて、彼らとのエピソードも楽しく描かれている。

わが甲州にこんな人物がいたんだという驚きが、物語をより面白く読ませます。
読了してしまうのがもったいないので何度も同じ所をいったりきたりしながら
チビチビと読み進んでおりますが、時々先走って後半の方のページに目を移すと
坂本竜馬や松平容保まで彼の提言を聞きに来るらしい展開になっている。

いや~すごい人物がいたもんだ。
で、こういう歴史上のヒトを発見して研究して1冊の本として上梓するヒトもすごい。
作者の鬼丸さんというのはもちろんペンネームで
現在山梨県立文学館の副館長(ちがってたらすみません)を勤めていらっしゃるという。
どうりで筆力が確かな訳だ。

さ、今日もこの本を抱えてこれから寝ます♪
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント