FC2ブログ

キャンドルナイト第一夜

生憎の雨。星も蛍も見えないが、そんなことにめげずいそいそと出かけた先は清里ロック。今晩はオカリ~ナの天才大沢さんのキャンドルナイトコンサートがあるのです。
当初こういう夜にイベントなんて、と(ちょっと)思っていたが、満員の客を見て思い直した。少なくとも今ここにいるお客さん達の家には電気が点いていないハズだ。どうせ電気を消して暗い夜をすごすのだったら皆で集まって、そこだけはキャンドルを灯して過ごせば経済的で、キャンドルナイトの趣旨にもあっている。第一皆で過ごす夜は暗くても楽しいではありませんか。
コンサートは大成功で大沢さんは相変わらず進化するサイヤ人だった。キャンドルの演出も悪くなかった。キャンドルの灯というのは見ているだけで人をいろいろな想いに誘い込むね・・・。
大満足で帰ってきてニュースを見ていたら明日は沖縄慰霊の日だそうで、関連ニュースを流していた。沖縄は日本で唯一地上戦が行なわれた場所で、多くの自決者を出したのだが、今年の教科書検定で「自決に対して軍による関与はなかった」とされるそうだ。何故いまになって?あまりにもタイミングよすぎませんか?新聞には毎日のように「教育3法」「国民投票法案」「集団的自衛権」「美しい国」などのちょっと真剣に考えないとアブナイ文字が並んでいる。そういえば「慰安婦問題」も国は関与していなかったと主張している。「軍」も「国」も「正しいことしかしません」といわんばかり。まるでついこの間までの社会保険庁のようではありませんか。こういうのは危ない兆候。「戦争」そのものがまちがっていたのだから当時の「軍」も「国」もまちがったことをしていたのに決まっているじゃありませんか。そういうことは早く認めたほうが良い。昔のことなんだから潔く認めても誰ももう責めない。認めないから責められることに何故気がつかないのだろうか。
そんなこんなを考えながらニュースを見ていたら娘が風呂からあがってきた。娘と会うのは5日ぶりだ。中国へ修学旅行へ行って今日、私がコンサートを聴きに行っている間に帰ってきたのだった。戦争のことなど何もしらない(私だって実は何もしらない)娘が中国へ行って偽ブランド商品を高く売り付けようとするオバちゃん達との戦いを楽しみ、ペキンダックを楽しみ、万里の長城があまりにも急すぎて制服のミニスカートでは後ろの人からパンツ丸見えで結局上まで行けなかったり、レストランで偶然「長坂町総合運動公園」の前にある「みふじ」という食堂の親戚だというオバサンと席が後ろ同士になって超ローカルネタで盛り上ってしまったり、しているうちにどうやら「中国フアン」になって帰ってきたようである。よき哉親善大使。それで良い。まずは相手を好きになって、それから歴史を勉強すれば良い。
「キャンドルナイト」と「沖縄慰霊の日」それに「中国へ修学旅行」の3つが何故か繋がってしまった夏至の夜だった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

よろしかったら御覧ください

自由主義史観研究会は6/21放送の集団自決問題をとりあげた「クローズアップ現代」用の取材依頼を受けました。NHKは‘双方の主張を紹介したい’ということだったので協力しました。が、梅澤元少佐と赤松大尉の無実を主張する私達の意見は大幅にカットされておりました。戦後遺族補償を受けるために、命令があったと嘘をついたと、近年証言している島民の方々も紹介されませんでした。

よって藤岡代表の放送に対する抗議声明:

http://www.jiyuu-shikan.org/closeup_com.html

そして、沖縄集団自決特集をアップしました:

http://www.jiyuu-shikan.org/tokushu.html

是非お読みください。

番組では私達の団体名すらマトモに紹介されなかったので、コメント欄からお知らせする以外に手段がなくなってしまいました。御迷惑でしたら、削除なさってください。最後までお読みいただきまして、有難うございました。

拝読いたしました。

書き込みありがとうございます。
しかし随分反応がはやいですね。
予想通りこういう個人の取るに足りないブログ記事といえど関係機関(?)は常に検索機能で調査してるのですねえ、クワバラクワバラ、じゃないや、ありがたいありがたい。だからこそ色々なことを書く張り合いがあるというものです。
貴サイトを拝読いたしましたが、残念ながら私には、貴サイトから、たとえ微力でも日本が今後「戦争」をしないようにしていきたい、という意思が読み取れませんでした。色々な問題の揚げ足取りに終始している感があり、読後どうにもスッキリしません。
沖縄問題で言えば大事なのは「国が起こした戦争で民間人9万以上の方々が亡くなった」という事実です。そして「多くの人々が集団自決(当時は玉砕と言ったそうですが)を起こしてしまった」という事実です。9万人もの民間人死者と自決(玉砕)による死者は、国が戦争をしているから起こったのであり、戦争がなければ起こらなかったのです。貴サイトは自決について誰某はそんな命令をしなかったと個人名をあげて主張し「彼の名誉を回復させてあげたい」という趣旨のことを書いておられます。その運動は大変結構だと思います.。しかしすくなくとも人のブログに書き込む場合は「どこが論点か」よく読んでからにしていただきたく思います。私は「誰が自決の命令したか」「しなかったか」を問うているのではありません。戦争や当時の軍隊の存在そのもの、そして当時の国家の教育そのものが間違いじゃなかったの?と私は書いているのです。今後もそういう時代があってはならないと思うから微力ながらあれこれ書いているのです。
「戦争」という「時代」の前には一部隊長や一司令官も被害者であって、彼らの名誉回復を目指すならそれも結構、しかし自決していった島民の背後にいったい何があったのか・・・。自決したのは島民が自ら望んだ結果であって、誰にもどこにも責任がないと言い切っておしまいにしていいものなのでしょうか?、そのことを問いたいのです。

↑ペアハットさんに激しく同意です。

きのうは素晴らしかったですね!
一緒に行った(行かされた?)お客様は「これが、コンサート料無料とは信じられない、とったほうがいい!」と強く主張なさっておりました。
いい夜でした。

キャンドルナイト!

そうでした~!忘れていました!
今夜は我が家もキャンドルナイトします!

沖縄戦の話は、ペアハットさんの意見が正しい。戦争は絶対に反対です。

今日これから…。

当方もキャンドルナイトの予定です。

春先に灯油ランタンを自分のキャンプ装備に加えました。
当初、小さいホワイトガソリンランタンをテーブル用に追加しようと思っていました。
燃料を2種類用意しなくてはならないというデメリットも有りますが“揺らぐ”明かりの魅力に優先しました。

思っていた以上に灯油ランタンの優しい光は自分のスタイルに有っていて満足です。
今晩、浜辺でクッキー&モカとキャンドルナイトの予定です。

風路さんへ

今日の「歌声喫茶ナイト」如何でしたか
いけなくて残念です。
我が家はローソクの灯かりの下、意味の無い雑談で盛り上がっちゃいました。「まいいかナイト」ってところです・・・。
昨日の白熱のオカリナナイトとは大違いでした。

ぴるぼけさ~ん、今晩は。

「キャンドルナイトDEぴるぼけ」ですね♪
どんな夜になったのでしょうか。
いつまでも平和でけん玉のできる世界でありたいですね。

muraさん

浜辺でキャンドルナイトというのは相変わらずmuraさんらしい過ごし方ですね♪
そうか、こういう日にナイトパドリングを企画すればよかったんだ。
来年はそうしよう。

沖縄戦の話。みんな漠然と思ってはいても、はっきり書くことはなかなかできないと思います。
ペアハットさん。さすが先輩!(笑)

野牛さん

書き込みありがとうございます。
宗教や政治がらみの話はこういうところには書かないほうが良いのかもしれません。又、書いても仕方がないのかもしれません。
でも、やっぱり自分の思うところは何でも書かないと、日記ではなくなってしまいます。
世の中で何がくだらないことで何が大切なことかは人によって判断が違いますが、少なくとも自分が書きたいと思ったことは、くだらないことも書かないほうがいいのかもしれないことも、人の反応を気にせず書いていこうと思います。
ところで私は野牛さんからはじめて交流分析という言葉を知りました。今流行のスピリチュアル系言語かと思いましたがどうもそうでもないようですね・・・。
何もしらなくてすみませんが、時々読みようによっては飛んだ雰囲気の話題も出てきて、興味深く読ませていただいております。