FC2ブログ

むやみな放流

先日の朝日新聞に「蛍をむやみに放流・繁殖させるな」という趣旨の記事が載ったらしい。知人が教えてくれた。記事は読んでいないので詳細は分からないが全く同感、わが意を得たり。
 ホタルを増やすには大量の幼虫とカワニナを川に放すわけだが、それが生態系に影響を及ぼしている、特にその地域にもともといたのではないホタル(他の地域から輸送してきたもの等)だと、地域にとってそれは「外来種」に他ならず、ますます生態系が破壊される、という趣旨の記事だったそうだ。
その通りなのですよ。私のホタル日記にも何度も書きましたが、どうも「ホタルが増えれば自然が豊か」と考える人たちが多すぎて、ホタルを増やすこと自体が自然保護活動だと思っている人が多いように思います。まったく勘違いなのですネこれが。「ホタルを増やすこと」に熱心であるのは単なる御自分の「趣味」にすぎません。趣味と自覚して行なえばいいのですが、それを「自然保護活動」と思ってしまう人が多いので困ります。ネットで検索してみるとそれらのあ~勘違い的な方々のなんと多いことか。これはメディアの勉強不足も大いに関係してますね。ホタルを放流している本人達は特に意識していなくてもメディアが「よみがえれ自然」とか「環境をホタルに托して」とか「子供達に命の大切さを」なんて、どうしてもそういう方向で書いてしまう。今やホタルは環境問題のシンボルなのですね。
しかしもしホタルを通して自然保護・環境保護の活動をしたいのなら「ホタルをこれ以上減らさない運動」こそが正しいありかただと思うのです。それにはホタルの棲息する河川全体の環境を整えることが必要で、例えばコンクリート護岸を土に戻す、流域からの汚水流入を防ぐ、周辺田畑の農薬使用料を減らす、河川両岸に木を植える、周辺の街路灯、運動場の夜間照明等の明りが川面に差し込まないようにする工夫等々、厄介なことが無限にあります。これらの「環境」が整えられてはじめて「環境問題」に取り組んでいることの「証明」になるのでしょうが、それらの問題を解決せず、ただ単に「ホタルを養殖して放流し数だけ増やす」ことだけをしても、なんら環境問題に取り組んでいることにはなりません。むしろ増やされたホタルこそ迷惑で、生態系攪乱をしているだけということになってしまいます。

・・・といってもね・・
ホタルの減るのは寂しいことだから、つい増やしたくなりますよね・・・
その地域のホタルをその地域で増やしていくことは「趣味」として結構なことだとは思いますので、私の本音を書けば、どうぞそういう趣味の方々は大いにその範囲でホタルを増やしていっていただきたい。で、メディアはホタル=環境問題と捉えずに冷静に報道していただきたい。報道の方向を誤ると、ホタルの数の多さを競うだけの放流合戦になってしまいます。
先日我が家に「ホタル見られますか」という宿泊の問合せがありました。「はい、今が丁度見ごろでオオムラサキセンターでは100匹くらいが飛んでいます」と伝えました。ところが先方は「なんだ、100匹か・・・、もうちょと数千とか数万とか飛んでいるところないんですか」というやり取りがあって、結局我が家には泊まらないことになりました。要するに都会の人たちにとってホタルは単なる観光の見世物にすぎません。数が多ければいいのです。田舎に住む私達がそれと同じ考えに染まってはいけません。そこが「ホタル100匹」の里であれば、その数が適正なのであって、その数を減らさないことこそ大切だと思うのです。
「減らさない活動」をしていって、結果的に増えていけば理想ですけど・・・。

怠け者の私はこんなこと書いている割に何もしてません。ホタル観察の時にゴミ拾いをするのがせきのやま。しかしね、このゴミ、なんとかなりませんか! ゴミは棄てなければ発生しないのですから、捨てなければ解決する話じゃありませんかっ、って怒っても仕方ないが、・・・・何で棄てるかなぁ・・・
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんな話も

まさにペアハットさんのいうとおりだと思います。
虫っているところにはかならずたくさんいるものです。逆にいうと、いなくなっているのにはその原因が必ずあるものです。大事なのはホタルやカワニナを放流する事ではなく、ホタルが生息し繁殖していける環境を残していくことだと思います。
さらに気になるニュースが飛び込んできています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070624-00000016-mai-soci
このコモチカワツボも外来種で、ある業者が各地のホタル保護活動団体に一時期カワニナの代わりに販売していたのが急速に繁殖をしているということのようです。
ここでも安易な保護活動が、自然に生きてきたホタルを脅かしています。

テレビでも

まこっしゃん、今日のクローズアップ現代でも身近な昆虫の異常について放送していました。一口に自然保護、環境保全といっても中々難しいことがあるようですね。専門家でさえ読みきれない複雑な自然体系があるようです。九州からの木の移植で東京にいないハズのクマゼミ大繁殖があり、全国で原因不明のアキアカネの激減が起こっているようです。
特定の場所に生きる特定の動物(ヤンバルクイナとかライチョウ等)の減少には皆目を向けるが、身近の何処にでもいるトンボやセミの等の異常こそ恐ろしいので、もっと目を向けたいと言ってました。
それにしてもその「コモチカワツボ」を販売していた業者ってのはヒドイですね。よかれと思ってやったことなのか、確信犯なのか・・・。

朝日の記事読みました、同感ですね
でも、増殖させる必要は無いと思いますが自然のホタルを滅ぼすような愚挙は止めるべきです
武川柳沢の河岸段丘の崖下には自然の湧き水に沢山のホタルがいました
ところが7-8年前に村がその湧き水の溝をU字溝工事をやってしまったためホタルの数が十分の一以下になってしまいました
後わずか100メートル程度の長さに自然の湧き水と水たまりが残っているだけになり、今はそこのホタルがかろうじて残っています
今年も10匹程度が飛んでいました

しかし、その残された湧き水の溝にも工事用と思われる杭がうたれているので、ここのホタルも風前の灯火です
やる必要の無い工事でホタルや希少種の植物が絶滅させるのはもう止めてもらいたいものです

鈍感なのですね

人間はクマやシカなど大きな動物に対しては「それをすると絶滅する」行為はまずやりませんね。人にあれだけ被害を出しているというのにむしろ保護と共生の道を模索しています。
しかしホタルに代表される小さな動植物たちに対してはまるでそこにそんな生き物がいないかのように振舞います。その結果その小さな生き物達はその地域から姿を消していきます。姿かたちの大小に関わらず一つの種がその生態系から失われてしまうということの意味は等しく大変なことのハズです。
クマやシカなどと同じく、ホタルもトンボもその他の生き物達に対しても、その地域でヒトと共生できるあり方を模索するべきだと思います。
工事や開発などをする人も許可する人も、弱い生き物達には鈍感なのでしょう。弱者を救わないシステムが蔓延するこの社会のあり方が反映されているようです。