FC2ブログ

山国の秋

大学3年の時北杜市長坂町から見た八ヶ岳山麓の風景を描いた絵が、初めて帝展に入選した。「山国の秋」と題されたその絵が、後に東山魁夷と名乗り世にでた画家の、出発点となったのである。
という訳で、我らも魁夷にちなみ(あやかり?)、本日晩秋の一日、山国の秋をもとめて長坂町内を歩いた。絵の才能のない私達は文明の利器「カメラつきケータイ」を使って風景を切り取り、山国の秋を探したのであります。その結果はいかに・・・?
e-1.jpg
こんな風に切りとるのです。
e-2.jpg
片手の操作は案外難しいのですよ。
e-4.jpg
いっそ地面においてみるといい感じ。上はヒマラヤスギのマツボックリ(スギボックリ?)です
e-5.jpg
里山生活の象徴クヌギ台木。
さて、どんな風景画切りとられたか、皆さんの力作を発表いたします。
まずはコチラをご覧下さい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント