FC2ブログ

交流ウオーク

埼玉県の「蓮田市歩こう会」との交流はもう9年くらいになるのだろうか。埼玉と山梨を互いに訪問し、合同でウオーキングをする楽しい交流が続いている。両会とも「健康一点張り」の会ではなく、温泉に入ったり美味しいものを食べたり「反省会」と称してお酒を飲む会をすぐに開いたりしてしまうというコンセプト(?)が大変共通していて、最初から意気投合し親戚付き合いのような感じでお付き合いが続いているのです。
11/12~13は待ちに待った年1度の交流ウオーク。今年は山梨にお招きして石和に宿泊。楽しい宴会と二日間のウオークを実施したのでした。
一日目は七賢酒蔵訪問。夜はほぼ飲み放題状態の宴会。二日目は雰囲気のあるワイナリーのぶどう棚の下でお弁当を食べ、さらに食後に「ぶどうの丘」でワインの試飲。まさにフルコース。いやはや歩きに行ったのか飲みに行ったのかワカラナイ状態で、まことに交流ウオークにふさわしい二日間だったのでした
hasuda1.jpg
上は大日陰トンネル。昔日の面影を残した遊歩道となって生まれ変わり大成功。人気のウオークコースとなっている。一度歩いてみたいと思っていたが念願かなって個人的にも嬉しい。皆さんウエアがカラフルなのがいいですネ♪ 多分参加者の平均年齢は65歳を越えているハズです。そして下をご覧下さい。飲みっぷりも又年齢を感じさせません。
hasuda2.jpg
ぶどうの丘の¥1100の試飲コースは大迫力でした。あんな試飲会場は初めてです。上の写真をよくご覧下さい、記念写真の後ろによく見るとボトルの列が奥まで続いているのが見えますね、これ全部試飲用です。このような列が2本半あるのです。なんでも合計180種のワインの試飲が可能なのだとか・・・。
(しかし どうもあまり美味しいと感じるワインは無かった。いや「無かった」のではなく「めぐり合えなかった」のかもしれない。180本ものワインをすべて試飲する訳にはいかないからだ。それにいくら市営の観光施設だからとはいえ、180本全てが市推奨の銘柄だというのだからアテにはならない。ま、雰囲気はいいし、¥1100の入場料も高く感じないのでこの施設そのものはお薦めですけど、個々のワインの味となると保証の限りではないというのが正直なところでアリマス。勝沼のワインよもう少しガンバレ、と言っておきましょう)
さて
大成功裏に終わった交流ウオークですが、早くも来年のプランが決定。一日目は白州のウイスキー工場見学、二日目がロックのビール工場見学という、なんだか今年と同工異曲のスタイル・・・、ま、歩くコースはまるで違うんだからイイカッ、というところで無理やり納得。グフフ、来年の交流ウオークが早くも楽しみになってきました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 あいも変わらず、キンキラ衣装にポンポン、カツラを着けて賑やかしてしまいました。十年一日、これがないと寂しいと言って下さる心優しき皆様のために来年もこのスタイルを継承してゆく覚悟でございます。皆様もご覚悟のほど隅から隅までズズズィーーッ宜しくお願い奉りまああああーース。

末永くお続け下さいませ。こちらは百年一日の覚悟が出来ております。