FC2ブログ

余計なお世話

昨日今日と二日続けて市の保健士さんから電話があったそうだ。曰く「ご主人のお腹周りを教えてください」だとさ
かみさんが適当に答えておいたら「ご本人と話がしたい」とおっしゃったそうです。私は昼間ほとんど家にいませんので夜なら電話に出てあげられるが、夜はむこうの勤務時間でないので一生無理だろうなぁ。
しかし、私も別に保健士さんに恨みはないので、今度かかってきたらケータイを教えてもいいよとかみさんに伝えておきました。明日はきっと私のケータイにかかってくることでしょう。
しかしなんだってそうシツコイのでしょうか。私はハッキリ申し上げてメタボではありませぬ。規定にいうところの「予備軍」ではありますが・・・。予備軍でコレだからホントのメタボ氏にはきっと毎月電話攻勢がすごいんだろうなあ。借金の取立てみたいに。
やっきになってメタボを減らそうとしているのはいいが、世の中にもっと減らすべきコトってあるんじゃないの? なんでメタボだけシツコイのだろうか・・・。

それにさ、体重を量るクセのあるヒトはいても、現在の腹回りを正確に言えるヒトっていないんじゃないの?? 明日はキッとケータイに電話がかかってくるだろうから、楽しみだなあ、なんて返事をしようかなあ、なんて言われるのかなぁ、向こうも仕事とはいえ大変だなあ、きっと「うるせいバカヤロ」っていわれることもあるのだろうなあ。私はキチンと答えてあげよう。うふふ・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

市の方から健康診断のお知らせと申込書が最近届きました。
健康診断とは医療の販売促進活動である・・・という偏見の持ち主な私は
もうかれこれ10年以上受けていません。
私のところには「メタボ調査電話」かかってきませんね。何故でしょう?

こんちゃんさま、こんばんは
こんな夜更けまで起きているのが一番メタボのもとだと
最近新聞で読みました。
メタボ調査は市の健診を受けたかたの中から「選ばれた方々」に
かかってくるので、こんちゃんにはかかってこないのであります。

メタボ調査 ハハハ 是非ぜひ主人に電話掛けて欲しいです。でも此処までは無理でしょうねフフフ・・・私は大丈夫?ノーコメントです

あじさい様、シアトルではまだ「メタボ刈り」ないですか?
日本では大変です、メタボは弾圧されております。

あ、にゃるほどw~(^o^)