FC2ブログ

浄土宗から宅急便

本日外から帰ったら私宛に宅急便が届いていた。送り主は「浄土宗総長公室」となっていた。かみさんが「おとうさん、何注文したの?」と聞いてきたが私に身にオボエがありませぬ。我家は無宗教である。浄土宗にも仏教にも恨みはござんせんが、ちょっと気味が悪い。おそるおそる開封してみると、ブハハ、私は「当選」したのだった! 思い出した思い出した、私は年末にこんなHPを私のHPにリンクして遊んでいたのだった。バーチャル除夜の鐘といって、マウスで108回クリックすればプレゼントが当たるというヤツ。皆さんも是非マウスで除夜の鐘を叩いてみてください。多分バカバカしくて108回もクリックしないでしょう(*^_^*) それをなんと、私はやったのですなぁ(*^^)v 子供の友人が大勢遊びにきていたので、皆で10回づつ交替でクリックしたのですよ。そしたら今になってそのプレゼントが届いたってわけなのです。数珠か仏典か作務衣かと思って開封してみれば、中身はなんと今風なことにエコバック。しかも冷凍食品用のかなりしっかりしたもの。なんで浄土宗で冷凍用エコバックかしりませんが、ありがたくいただきました。それに冷蔵庫などにメモを貼り付ける磁石が10個、浄土宗の教えの簡単な冊子などが入っていた。冊子は読んでみるとなかなか面白い。私は今丁度「ものみの塔」の冊子を読んでいる^^;ので、読み比べてみるとますます面白い。日頃全く縁のないこういう読み物は、たまに手にとると大変勉強になります。ものみの塔の冊子には「イエスは十字架に磔になったのではない」と目からウロコの話が載っていて、思わずう~んと唸った。法然も子供の頃から仏門に入り厳しい修行をしているが、そのようにして悟りを得たものだけが救いを得られるのだとすれば、庶民にとって一体仏教とななんだろう、と考え迷った、とあって結論がちゃんと書いてある。ふ~ん、そうだったのかと冊子を呼んで私はヒトツおりこうさんになってしまったのです。
しかしなんですなあ、懸賞生活、というのが流行っているらしいが、なるほど当たるんですねえ~!?私はこういうものに弱く、殆ど当たったためしがないのですが、あまりヒトが応募しないようなヤツは当たるのですねえ♪ なんだか他の懸賞やプレゼント等に積極的に応募してみようかな、今までバカにしてたけど、当たってみると嬉しく、「よし、次は何に応募してみっかなあ」という気になるもんですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント