FC2ブログ

明日、あったかくなれ~~。

■行ってきました。歯医者。痛くなかった(*^^)v よかったよかった。
が、まだ油断がならない。
「これからアレやってコウやってソウやります」「あ、ハイ・・・御願いします」というインフォームド・コンセントの下に治療を受けるわけですが、これからあと4、5回通う中で、どうも1回くらい危険な目(?)にあう可能性がありそうだ、うひゃ~・・・。と勝手に解釈したが、実際のところ医療現場で患者側にインフォームド・チョイスなんてできるんだろうか? ま、説明はナイよりあった方がいいですケド・・・。
早いもので今月末はもうGWとなります。忙しくなる前に歯の治療くらい終わらせておこうという魂胆で通い始めたのですが、GW前に終わるか心配・・。もっと心配なのはGWは忙しくなるのか?ということですけどネ。(~_~;)

■本日は86歳になる女性が星を見にきた・・・というより、コタツに入りに来られました。世界一周の船旅で毎晩解説付きで甲板から見上げた南半球の夜空の美しさを語り、オーロラを見に行った時の感激を語り、砂漠の真ん中で星に囲まれた恐怖を語るそのお婆さんは「世界中で星をみましたが、コタツで星を見るなんて思いもよりませんでした」と感激してくださった。まぁそれもそうでしょう「コタツ」なんて世界には多分ないでしょうから我家の「コタツDE星見」は日本ならではデス。ガハハいや~これで「コタツDE星見」も、世界一周の船旅やオーロラ見学や砂漠の星などと堂々と肩をならべる「世界的な」星見スタイルとなりました♪ ミシュランに観望スタイルガイドがあれば三ツ星間違いなしですネ・・・そのお婆さんにとっては。
薄いガスがかかるあいにくの空ではありましたがコタツに寝転がり、かすかに現われるペテルギウスやシリウスなどを確認しながら星空の想い出を語るその方はまるで人生の想い出を語るようにいつまでも一人語りを続けるのでした。それこそ私の理想とする「観望スタイル」なのです。

■昨日は実家に行ったついでに水族館に行ってみた。江ノ島水族館は私の子供の頃からのお気に入りだが、数年前にリニューアルして大好評だと聞いていた。旭川動物園の例を出すまでも無く、最近の動物園や水族館の展示方法は「行動展示」「生態展示」というヤツで、従来の「形態展示」とは一線を画している。ここもきっとそうだろうと期待して出かけたのです。しかし窓口で入場料¥2000と聞いたときはビビった。大人4人で¥8000(T_T)・・・。窓口前で(人目もはばからず)しばし家族会議が行われ、決死の覚悟で入場と決定! これでつまんなかったら火ィ点けたろか、と期待と不安を胸に入場してみれば、一歩入った瞬間からもう金額のコトは忘れた。つかみはOK。なるほどね、まずは第一印象よし!大事なことです。小説も最初の1行が肝心。こういう施設も最初にワクワクさせる導入部がないとね。で、最後までOK。「行動展示」の部分はそうでもなかったが、最後まで飽きさせない展示でタップリ¥2000分を満喫。 雄大な相模湾というテーマと、リゾートチックな湘南の海というテーマを上手に表現しているなぁという印象でした。お薦めです。
イルカのショーではインストラクターの誘導に合わせて拍手したり掛け声を発したりして大いに騒いできたが、娘らが迷惑そうな顔をしていた。ショーが終わった後「お父さんも少年の頃に帰っていたね」なんていうコメントを発したがあのなあ娘らよ、こういう時にインストラクターの要求通りにやってあげないと彼らも気持ちよくできないのだよ、彼らも演じ我らも演じて場が出来上がる。という屁理屈を延べる場ではなかったので述べなかったが、私が一番楽しんでいたのは間違いないようだった。

■あああああ!、今思い出した!! 明日はスノーシューガイドをするんだが、ウエアが無い!!! 「あのね、今出すと安いのよ、」なんて言ってかみさんが特別割引期間が開始されたクリーニング店にまっさきに私のスキーウエアを持っていったんだっけ。やばいんじゃない? う~むむむ・・・ まいいか、明日はあったかいと天気予報で言っていたし、あるもので間にあわせませう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント