FC2ブログ

桜桃子ツアー

桜と桃をいっぺんに楽しもうという欲張りサイクリングを決行。
スタートは我家前。標高1000mの我家前の桜は昨日やっと蕾が開花したばかり。下界の桜はほぼ満開所により葉桜になるところ、という桜予報。気候も良く、今日は絶好の花日和ではありませんか。盛大な花吹雪にも出会えそうな予感を持って元気にスタートしたのは朝9:00でした。
4-12-1.jpg

最初にやってきたのは神田のオオイトザクラ。息も絶え絶えに満開になったという感じで、防風ネットに囲まれているのがよけい痛々しい。枝もだいぶ伐採されたとみえ、以前の威風堂々とした姿ではなくなっていた。
4-12-17-400.jpg

蕪の桜並木は穴場かな。人出が少なく出店もないが、見ごたえがあります。
4-12-5.jpg
サイクリングさいくりんぐやほ~やほ~って古ッ(ーー;)
4-12-3.jpg

清春芸術村 有料なので外から見学。
4-12-6.jpg

ティータイムは「桜コーヒー」 ちゃんとドリップしていただきます。
4-12-8.jpg
お休み処の奥にも桜が。
4-12-7.jpg

春霞の一日。山々は見えていたが写真に撮るのは難しい。
4-12-9.jpg

真原の桜並木にやってきました。ここでは盛大に花吹雪の歓迎を受けた♪。4-12-12-400.jpg
ここでお花見ランチをとることに♪
4-12-10.jpg
食べていると上からハラハラと桜の花びらが舞い落ちてくる。
自転車でも飲酒運転は適用されるのでアルコールはグっと我慢。
4-12-11.jpg

神代桜。 この桜の老木を見るたびに哲学的になる・・・。
4-12-13.jpg

さて、いよいよ旅も終盤。目の前の七里岩を駆け上がるのです。
あの道路の上まで行かねばなりません。
4-12-14.jpg

で、上った先は新府。桃畑も満開でした。
4-12-15-400.jpg

花見ツアーはここまで。笑顔が全てを物語っております。
4-12-16-400.jpg
15:30にゴールの穴山駅に到着、ここで東京の方々は電車に乗ってお帰り。我々は回収車が迎えに来て、全て滞りなく終了。
いや~素晴らしいコースだった。また来年が楽しみです。「自分も走ってみたいなあ」と思われた方の為に少し案内しますと。最後七里岩を除けばほぼ全コース下り気味なのでラクチンこの上ありません。国道をほとんど走らないノンビリとした里山コースなので、花の時期でなくとも楽しめます。自転車、ヘルメット、グローブ、おいしいランチ♪などはすべてこちらで用意できますので、軽い運動ができる程度の服装で来てくださればOKです。さぁ、一緒に走りましょう。次は貴方の番です(*^^)v
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

 次は貴方の番です? 私の事ですか? (笑) 

 桜と桃の花に白い残雪が輝く、南アルプスの雄大な山々は、とっても素晴らしい風景ですね。来年は是非、参加したいなあ。

本当に楽しいツアーでした。
あんなに、たくさんの種類の花を堪能できた上に、美味し花見ご飯や漬け物、そして休憩の桜珈琲まであってなんとお得なツアーだなと感じました。前の晩のコタツで月見も恒例で、おもしろい話しを聞けることも楽しみです。

お返事遅くなりました。三人の貴(奇?)公子さま。体力・気力のない私を
支えて頂き、誠に誠にありがとうございました。夢のようなサイクリングで、帰りのあずさは、バク睡。体重3キロ減。サドルの高さ、ウエアーの工夫、など、改善点は、次回に活かすとして、のぼりのつらさはもうわすれて、また行こうっておもっています。樹齢2000年の桜は、花よりも、幹そのものの、面構えに深く感じいりました。りんごの木の怪しいかたちも気にかかっています。花を見に行かなくっちゃ。これに懲りずに、またよろしくお願いします。女性のみなさん!どこまでも続く坂道をごおーっという風を切る音とともに、超スピードで下るのは、おもしろいですよ。坂道は、すぐにあきらめて、歩き始めるので、あきれられちゃいましたが、最後まで、見守っていてくださるので、安心です。何も心配しないで、乗ってみるとおもしろいです。ね、みんなで行きましょう!

けーたさん、次は貴方の番です(*^^)v
来年は是非ともご参加下さい。

san/sanさん
楽しかったですね
お昼ごはんと桜コーヒーも本日のイベントにピッタシでした(*^^)v
次は富士川ですよ~お待ちしています

てぶくろさかさま様
よく頑張りました、ほめてあげましょう\(~o~)/
夢のようなサイクリングで3キロ減というのが気になりますが(~_~;)
気分爽快のうえにダイエット効果もあるというのでは女性の皆さん!次は貴女の番ですよ♪
おまちしていま~~~す。