FC2ブログ

いのちの作法

いのちの作法」という映画を北杜市で自主上映するのが今年の夢だ、と仲間から聞いたのが今年の1月15日。あれから早くも5ヶ月がたとうとしているが、なんとその夢は間もなく実現しようとしている。やっぱり「夢」は口にするもんだ。
昭和30年代という時代に、老人医療費無料化と乳幼児死亡率ゼロを達成した岩手県(旧)沢内村と、豪雪、貧困、多病多死を乗り越えてその実現に奔走した深沢村長の物語。映画を企画したのは現代の若者二人。沢内村と深沢村長のことが書かれた本を読んで感銘し、現地に飛び込み綿密な取材と半年に及ぶロケを敢行。岩手の美しい風土と文化を織り交ぜたドキュメントに仕上げました。題材は昭和30年代ですが、写し出されるのは深沢村長の理念を受け継ぐ現代の若い世代など今の人々と、今の生活風景です。「生命尊重の理念」を町是に掲げる、日本では稀有の品格と哲学を持った町はいかにしてつくられ受け継がれていったか・・・。こんな村のあり方が我が北杜市にも生かされたら、と願って我が市での自主上映に踏み切った「市井のヒト」の熱き思いに動かされて、私も一切符売りのオジサンとして働いております。

上映は7月5日(日) 場所はJR長坂駅前のコミニュティセンター 
なんとその映画を作った監督も来てトークをしてくださる。
全編のBGMとして流れるウクレレの奏者もきて演奏をしてくれる。

しかし前途にはまだまだ壁が。要するに切符がなかなかはけないのであります(~_~;) テーマが重いから映画も重いと思われるのか、こちらの伝え方がヘタなのか・・・。知人友人になかば脅迫するように売りつけるのはどちらにしても限界があり、知人友人以外の方がどのくらい来てくださるかが勝負。それにはどのような手段が? 自分のブログやHPであれこれ奮戦記を書いて露出を多くするのも方法かと思い、書いておりますが、これをお読みの皆々様、近くの方は是非お出かけください。連絡下さればチケットは用意しておきます。遠くの方も是非お出かけください(って無茶苦茶やなぁ)。

チケット販売の為にあちこちに出かけ色々な人と出会って分かったことは、この村とこの村長が昭和30年代に老人医療費無料を実現化したという事実は案外多くの方が知っていて、それらの方はそのことに感銘を受けている、という事実でした。ちっとも知らないで切符を売り歩いている私の方が恥ずかしくなるくらいです。
いくつかのエピソードがあるのですが、それはまた明日のココロだ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

私も15年前に「沢内詣で」をしたひとりです。
沢内村の保健センターでいただいた婦人部てづくりの貝カレー(宗教上の理由で肉を食べられない方に配慮してくださったのです。)、もぎたてトマトのおいしかったこと。保健委員さんの自宅の大黒柱の太さ。そして、その数年前、日本社会事業大学の講演会で、「将来は村外の高齢者も受け入れたい。」と熱く語った当時の村長さんを思い出します。

上映会、楽しみにしています。もちろん東京からかけつけます。

かこさん、ありがとう! 沢内村へ行かれたんですね! 僕たちもいつか必ず訪れてみたいと思っています。沢内の空気に触れるだけでなにか素晴らしいエネルギーを頂けるような気がします。

>私も15年前に「沢内詣で」をしたひとりです。
へ~~かこさんも!!
>「将来は村外の高齢者も受け入れたい。」と熱く語った当時の村長さんを
しかも村長さんのナマの声をお聞きになったんですね♪
いや~それはすばらすぃ~。
東京からかけつけてくださるなんて嬉しいです。
その晩は皆で大反省大会をやらなくちゃネ♪

ざちょう~~
甲州街道の反省会もまだなのに
もういのちの作法の反省会も考えなくちゃ!!
いそがぴぃ~~(*^^)v

反省会、大賛成です。

先日、甲州街道の大反省会の話をしたばかりなのに、またまた大反省会!ですかッ! でも、私、この「ノリ」嫌いではありませんッ! ていうか、大好きです。やりましょう、やりましょう!

随分前に、信玄棒道を歩いて、どんぐりを拾って植えました。その小さな鉢から、昨日芽が出た!!待ってた気持ち半分、あきらめた気持ち半分。でも毎日水やっててよかった!突然生まれたどんぐりの芽、ばんざい!ばんざい!とってもうれしくて、コメントしちゃいました。ごめんなさい。いのちの作法、行きますから。

座長、 映画終了当日は「打ち上げ」で後日「反省会」という計画で如何でしょう(^_^;)

棒道のリスさん、おめでとうございます♪
大事に水をやったかいがありましたね。
拾ってきたどんぐりに対するいのちの作法でしょうか。
すばらしいデス。