クサカリデマエノカミ降臨

本日ふいにクサカリデマエノカミが降臨いたしました。
この散歩道の草を刈りたまえ、というのであります。
8-22-1.jpg

仰せの通りに行動いたしましてこうなりました。
なかなか気持ちの良い遊歩道になりました。
8-22-2.jpg
しかし
カミのオンオコトバは、画面奥に見える滝の所までカリタマエというものであります。
イッツァ ロ~ング ウエイ
8-22-3.jpg
私は上の様な道も悪くないと思うんですけどね。
カミは軍手と草刈鎌を置いていかれました。
また近々降臨されるようです。
だってまだ目標の4分の1くらいしか手をつけておりません。

さて私は本日久々に竹箒を使ってみましたが、神社の境内を丁寧に掃く巫女さんたちの気持ちがわかってしまったような気がしました・・・。竹箒という道具は予想を超えて簡単にしかも徹底的にキレイになるものですね、素晴らしい。汗をかきながら無心に石畳の上を掃いていると、キレイになった表面から何かが現れイズル、という感覚にとらわれたのであります。汚いものが掃きだされて美しくなっていくのではなく、もともと美しかったものの表面が磨かれて行って、真の美しさが現れ出ずる、という感覚です。「掃き清める」というのはきっとそういうことなんだろうなあと一人ガテンしつつ、1時間弱のカンタン奉仕を終えたのでした。う~ん、クセになりそう。クサカリデマエノカミが来なくとも、ちょっと日々の日課としてやってみようか。
ましかしね、こんな草達は秋まで待ってれば自然に枯れてくれるんだけどサ・・・。という悪魔が私の耳元で囁いております。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント