FC2ブログ

やっぱり歩くことが

28日(土)のことになるが、長坂観光協会主催でふれあいウオークというのを実施した。8キロ足らずの短いウオークだったが三分一湧水・棒道・女取湧水・風林火山館と、見どころ一杯。
幸い天候にもめぐまれて楽しくガイドできたかなと感じている。やっぱり自分は歩くことがすきなんだなあと再認識。
だいぶ以前に「ウオーキングは私のライフスポーツである」とどこかに書いたか喋ったかのような気がするが、最近自分自身でそのことに納得している。自分で書いたことに納得しているというのもヘンな話だが、ウーキングしている自分の「意識」でなく「体」が喜んでいるのを感じられるようになったというのが大きな変化だ・・・。
ウオーキングを始めた頃は「歩いている自分」に納得(?)していたがが最近は「歩いている自分の体」が喜んでいるのを感じるのだから、ちょっと様子が違ってきた。他人には上手く説明しづらい。
48-8.jpg
ひょっとしたら前世は道祖神だったのかとも思う。何故か先頭で歩いていると、「天孫降臨の折、ニニギノミコトを案内するサルタヒコの気持ちは多分こんなようなものだったろうなぁ」と不思議な感覚になる、先祖はサルタヒコか?

「歩く」という行為そのものと同じように「道」というものに心惹かれている自分にも気付いている。
「道」には物語があり歴史があり、太古からそこを歩いていた人たちの息吹や話し声まで聴こえそうだ。話は突然飛ぶが「歩く道を大事にしない行政は、歴史や物語つまりは先祖を大事にしない行政で、いづれはしっぺ返しを喰う」とさえ思っている。
28-8.jpg
ま、それはともかく、こんな道を歩かせて貰っている自分は心底幸せだといつも感じている。
なんかヘンか?私の前世は「道」だったのか?
と、何でもかんでも「前世」や「先祖」と結び付けなくてもいいんだが(^^;;)、道を歩いている自分が妙に心安らいでいるのを客観的に感じることができるから不思議。いつからこうなったのかなあ・・・。
やっぱり「歩くこと」は私のライフスポーツだ。一生歩いて、その「不思議」を「解いて」いこう。
写真は歩こう会の前田さん
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント