スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤松林の紅葉

赤松林に紅葉を見に行こうと行ったら笑われた。これだから都会モンは困るなぁ、
まぁ任せなさい、と強引に赤松林に誘った。
どうです!? これこれ♪
10-20-1.jpg
美しいじゃありませんか。
10-20-3.jpg
林の奥まで真っ赤です。ツタウルシというのだよガハハ、と勝ち誇って笑う。
からまつ林と赤松林しかない小淵沢と長坂近辺の紅葉シーズンを寂しい寂しいと
嘆いている都会の友人を(面倒だから)山奥まで案内せず、手近な紅葉で満足させた(*^^)v
10-20-2.jpg
しかしね、これナマで見た人は絶対満足しますよ。
小淵沢あたりの名勝としてもっとPRしていいかもね。

今、歳時記で調べたらツタウルシは季語として載ってなかった。蔦紅葉というのあるが、これは植物が違う。でも俳句の世界ではツタウルシの紅葉も蔦紅葉としてしまって許されるのかも。「岩肌に火の手かざせる蔦紅葉」というのがあったが、「火の手かざせる」なぞは良いですなぁ。
緑の赤松林の奥まで「火の手かざせる」木々がずっと続いている光景は山の上の紅葉とも里の紅葉とも違う光景です。林の中に炎が満ちて山火事寸前、とでも言いましょうか・・・。俗に言う「錦織り成す」紅葉ではないのがまた新鮮で、インパクトがあります。(特に今年はキレイなのかな?)

我ながらなんで今までもっとアピールしなかったのか悔やまれます。
来年は「ツタウルシの紅葉めぐりウオーク」でもやろうかな。
もっとも、「漆のかぶれ」は空気感染しちゃうヒトもいるから問題だけどね・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

よくぞ書いてくださいました。
このツタとツタウルシの紅葉の見事さはもっと知られていいですよね!
小淵沢・ポレポレクラブではすでにウォークをやっています!
今そのときの報告を見直したら、写真の腕のせいか、赤い色が全然きれいに出ていませんが、実際は輝く美しさでした。
http://kobuchisawa.gr.jp/furo/wakuwakuwalk/1021porepore/1021-1.html

お~~さすがポレポレクラブです、既にウオークをやっているとは!
10月21日だったんですね、私の日記も10/19ですから、例年このあたりでやれば外れない、ということでしょうか。
では来年の10/20前後に是非ツタウルシウオークをやりましょう♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。