スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤモンドかシルバーか、それともパールかゴールドか

八ヶ岳界隈の冬至の日の過ごし方として「キャンドルナイト」に参加する、というのがあります。
少しずつ定着してきた感がありますが、もう一つ広まって欲しいのが
「ダイヤモンド甲斐駒」の観賞です。
12-2-1.jpg
上の写真は本日の夕方、落日後に撮った甲斐駒の勇姿ですが、
冬至の落日は甲斐駒の山頂に沈んでいくのです♪
2009年12月22日です。
大泉の金生遺跡から眺めてください。
縄文人も眺めたであろう幻想的な光景が展開します。

昨年どなたかが「朝日が昇っていくのなら“ダイアモンド”でもいいが、沈んでいくのは“シルバー”とか“パール”とか言った方が良いんじゃない?」とおっしゃったのを覚えていますが、なるほど“パール”ってのはいいですね。パールの指輪なんかに見立てて眺めてみるのも素敵です。さてみなさん、今年は実際に見て、パールかシルバーか、ゴールドってのもありますが、さて、何がふさわしいか、考えながら眺めて見ましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

我が家の正面のダイヤモンド甲斐駒はもう少し早い時期です
昨日金生遺跡の側を通りながらこの話しをしていました
今年は是非参加しますが、時刻としては難じ頃までに行けば間に合いますか

ご隠居様、今晩は
>昨日金生遺跡の側を通りながらこの話しをしていました
お~~シンクロしてますね~♪
昨年の例ですと15:44となっていました。
昨年は相当冷えこみましたので、温かい格好&魔法瓶にお茶かコーヒーなど用意したほうが良いかと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。