スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリウスの出

「シリウスの出」はなかなかドラマチックですよといわれて2ケ月。本日やっと時間がとれ、観望するタイミングができた。あんまり星がきれいだったので早めの17:40頃からスタンバイ。お~お~♪甲府盆地の夜景がきれいだ。白鳥座が西北の空に浮かんで地平線に首を突っ込もうとしている。お~~~っと、白鳥の尻尾を掠めるようにして人工衛星がカシオペアの下を通って北東の空に消えていった、やけに明るくでかい。時刻は17:42。(後で調べたら野口さんの乗っている国際宇宙ステーションだった!)
プレアデスもヒアデスも高く昇って、オリオンの三つ星も縦に上がっている。ふたご座もあがっている。いいねいいね、やっぱり星空はいいね、このなかのどれかの星が私の故郷に違いない。星を見あげていると何故か安らぐというのはそういうことなんじゃないか? さぁいよいよシリウスが昇ってくるかと見たら、ありゃ、丁度東の地平線に陣取る秩父山脈の上だけに雲がかかっている(T_T) ほんとにまったくそこだけに雲が!! なんじゃこりゃ、いやがらせか
全天一明るい星シリウスの出と、数時間遅れて出てくる全天二番目の明るさのカノープスを今日は見てやろうと決めたのに、なんでそこだけ雲が??  
普段なら「雲なんかすぐにとれるよ」と長期戦の構えにはいるんですけど、事情により今日は戦意喪失。少し粘ったが全く雲は動かず、泣く泣く店じまいといたしました。
というわけで、「シリウスの出」はお預け。カノープスの確認もお預け。まいいか、冬はこれからだ。
ところで、
月も太陽も昇って来る時や沈んでいく時が美しく写真にも撮られますが、星も全く同様です。特にオリオンの三ツ星が縦にグングン昇ってくる様子などはたまりません。また、北斗七星が北の空から大きく立ち上がってくる様子は巨人が覆いかぶさってくるようです、「後最後の1個だ」なんて言う頃には、剣を大地に突き刺すように沈んでいく姿が圧巻だった白鳥座の、最後のデネブが輝きながら沈んでいきます。夜はさらに更けていき、冬の星が勢揃いして一層賑やかになります。♪ アークトゥールスが昇ってきて感激し、やっとお開きになる、なんてこともしばしば。
皆様、見上げてご覧、夜の星を。できれば地平の開けた場所で「星の出、星座の出」を。ほんとにお薦めです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 おはようございます。
いいですね! 星の話は大好きです。
家の周りは 林で 街灯ひとつありませんので、灯りを消すと真っ暗。

デッキに立つと  オリオンが真っ先に目に飛び込んできます!!!
あのペテルギウスが超新星爆発へと向かっているという 記事  。明日でもおかしくない(数万年後かも)と、、、、、
 もし爆発してブラックホールになってしまったら、オリオンの星座は 勇壮さを欠いてしまいうのでは?
 星の名前はなかなか覚えられませんが、二階の天窓に北斗七星が大きくのしかかって見える朝6時ごろ目が覚めるこの頃です。
 また 星の話 楽しみにしています。

ひろさん、書き込みありがとうございます
ペテルギウスの記事にはびっくりしましたね
明日、起きたら太陽が2個あったりして(*^^)v

コタツDE星見に
きてください、お待ちしてます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。