FC2ブログ

ホタル 8月7日

今年はホタル君の出が悪いのであまり観察に気合が入らないのが自分でもわかる。困ったもんだ・・・。
が、ホタルもきまぐれだ、今晩はいたいた♪。その日によって出具合が違うのがどうもパチンコのようでままにならない。
「出ない理由」はいくらでも説明できるが、そんなことをお客様にしゃべってもむなしい。今晩のようによく出てくれると話も弾む。
「ホタルの天敵は?」という話が出たので、天敵かどうかは定かではないが、蜘蛛の巣によくひっかかって捉えられてしまうと説明した。
昆虫はよく鳥に捕食されるが、夜行性のホタルを鳥がついばんでいる姿を私は見たことがありません。それに、一般的に寿命の短い昆虫に天敵はいないと私は考えています。神様はそこまで非情ではないだろう、というのがその理由です。あたえられた数日間の命を精一杯生きなさい、というのが神様の思し召しだろうと思うのです。
木の梢高くとまっているホタルを見つけて皆大喜び。ホタルは飛ぶものだと知っていても、あんなに高く飛ぶものだとは思っていない方が多い。そこでホタルは湿った空間が大好きだというお得意の説明をする。暗くて湿った空間即ち背の高い木々が川の両側に繁っていれば、どこまでも空高く舞い上がっていきますと話す。

ホタルが地上にでてからの数日間の人生を「あるホタルの一生」として語る。ホタルにもドラマチックな一生というものがあると知ってもらいたいと思い、時々ホタルになりかわって(?)語る。聞いている方々は「ふ~ん、そんなものかねえ」と聞いているだろうが、私は実はホタル君たちに聞いてもらいたい。「よくぞ語ってくれた」と思っているか「そんなんじゃないゾ」と怒っているか、そこを知りたい・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント