こういう日もあらあなの日

国交省主催のある交流会に出席するために、さいたま新都心というところまで出かけてまいりました。国交省からの補助金で事業を仲間とすすめている関係から、こういう会にも出席しなければならず、私に白羽の矢があたったというワケです(T_T) 交流会そのものは2時間程度なんですが、現地往復がなかなかやっかいで、当然一日仕事となります。
まぁね、はっきり言ってしまえば出席してもしなくてもどうってことない交流会なんですけど、補助金を出す方としては、こういうのを実施しておかないと多分まずいんでしょう。補助金を貰っている方としてもこういうのには顔をだしておいた方がいいんでしょう。そのへんのキビがわかるオトナに私も成長しましたので(*^^)v、ブータレつつもおとなしく出席してまいりました。
無事に終わって高崎線で赤羽まで出、埼京線で新宿へ出、新宿からあずさに乗ってやっと一安心。ところが小淵沢に到着して降り様としたら、あれ?この車両にドアがないじゃありませんか?? どうなってるの? あわててもう一つ車両を移動したら、そこにもない? その車両は連結部でしかも向こうに行けない連結車両となっていた??? しかたないのでもとの車両の方に戻って出口を探そうとしている間に、無情にもあずさは発車してしまった(T_T) やれやれ、この特急は次にどこに停まってくれるのかと思ったら幸いにも富士見駅で、駅でいえば二つ目だからまぁ、被害は少ないと我慢我慢。 で、富士見駅で下車し、戻りの電車は何時に来るかと訊ねたら、後80分しないと来ないだと!泣きっ面にハチとはこのこと。少しイライラして不運な駅員さんに「なんでドアの無い車両なんか作るんだ」と怒鳴ってコトの顛末を話すと「そんなことも知らんのかこの田舎もの」というような表情をされたが、私があんまり憤慨しているので「まあまあ、ここまでの運賃はいいですよ」と言って、さわらぬかみにたたりなしとばかり、箒と塵取りを持ってホームの方へ行ってしまった。80分列車を待つか、タクシーで帰るか、かみさんを呼ぶか、選択肢は3つ。構内で客待ちしていたタクシーに小淵沢までの値段を聞いたら「そうだなあ、この時間だから4000円はかかるかな」「あ、じゃいいや、ゴメン」と即決。かみさんを呼ぶのも、今日はお客様がいるハズだし、家を1時間近く空けるのはまずい。 結局80分待つしかないかと腹をきめ、どうせ待つならと駅前をウロウロしてみたら、あったあった。少し下がったところに見つけた小料理屋で一杯やりながら待つことに。のれんを潜ると、そこはカウンター席だけのこじんまりした店で、おばちゃんが1人でやっていた。なんとなく温もりのある店だったので、少し荒れていた気分が落ち着いた。タクシーが4000円かかるなら、そのくらい飲んでもいいかなと思ったが、メニューを見てますます心が落ち着いた。だいたいのものは300円か400円くらい。ここで1人で4000円も飲むのは至難の業。お燗を頼むとなんとお酌をしてくれた。いや~おばちゃん、商売熱心だね。いまどきお酌してくれる店なんかないよ。昼間立ち寄った本屋で購入しておいた木村さんの「リンゴが教えてくれたこと」を取り出して読みながら飲む。木村さんの本は3冊目だ。あいかわらずいいこと言ってる。「食」という文字は「人を良く」すると書くのだそうだ。なるほどね。農薬だらけの食品を食べて人が良くなるわけが無いとおっしゃる。その通りです。良い本を読みつつ、おばちゃんの酌で酒を飲む。おばちゃんはこちらの気配を察して、程よいところで、簡潔な言葉だけをかけ、自分の仕事に戻る。何度かのやりとりをすると、おばちゃんの人となりが分かって、なかなかいい雰囲気。おばちゃんも、私がなんで今ここで飲んでいるのかの事情を理解したらしく、そろそろ時間大丈夫?なんて本に夢中になっている私に言う。いいねえ、サラリーマン時代に通った店を思い出したよ。結局約60分をゆったりとすごして1380円の支払い!安すぎないか? また来なくちゃ、電車を乗り過ごして。
こういう日はどういう日と表現していいかわからないが、まぁ生産性はまるでない一日で、どちらかというと無駄な一日だったが、最後に昭和50年代くらいの別世界に紛れ込んでしまったことで良しとしましょう。人間万事塞翁が馬ですなぁ(って使い方あってる?)。おばちゃん、元気でいつまでも小料理屋やっててくれれば、また行くよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おつかれさまでした・・・そういえば、今の国交省大臣の奥さまとは元同僚なんです・・・美人で仕事のできる気さくな方です。懐かしいなあ・・・ところで、ビールじゃなくてお燗を頼むところがステキですね。

たびくう様、こんばんは。
駅前の暖簾を潜って燗酒を飲む、なんて
サザエさんのお父さんとマスオさんみたいですが
サラリーマンをやめて20年ほどたつ私としては
ちょっとやってみたいコトの一つでした(~_~;)
ひょんなことから、実現できました。

>美人で仕事のできる気さくな方です。
前原さんにはもったいないくらいですか?

ところで、いろいろイベントやチラシをいつも送ってくださって
ありがとうございます。嬉しいです
なんだかんだと行事が重なってしまい、なかなかお邪魔できませんが
宣伝はさせていただきますので、今後とも送ってくださいませ。